カテゴリ:フランス生活( 634 )

7月に

オーベルニュ地方のYtracという町のブっクサロンで知り合った

写真家のアンヌマリーがアルルまで会いにきてくれました。

山や丘が広がる地方に住む彼女、海が見たいということで、

彼女の車で2日連続で海へgo!。

1日目は静かな夕方のピエマンソンのビーチで

息をのむくらいの美しい日没と月の出を眺め,

b0107891_22432323.jpg


b0107891_22433079.jpg


2日目は昼から、観光客で賑わうサントマリーのビーチでピクニック。

b0107891_22430575.jpg

キヌアとオリーブ、豆腐、トマト、ツナ、卵、コーンの混ぜ混ぜサラダ。

外で食べるご飯って、なんでこんなに美味しいんだろう♩。




2 jours à la mer avec Anne Marie, une photographe qui j'ai rencontré au salon du livre à Ytrac en juillet. 1er jour à la plage de Piemanson, 2ème jour à la plage de St Marie de la mer pour picniquer.

[PR]
by colargol | 2018-08-28 22:44 | フランス生活 | Comments(2)

酷暑続きだった

アルルもピークが過ぎてだいぶ過ごしやすくなりました。

昨日、ビーチで出会ったマチルドちゃん。

b0107891_22393057.jpg
おじいちゃんに連れられてまだヨチヨチ歩き。

目が合うとにっこり微笑んでくれましたよ〜。

[PR]
by colargol | 2018-08-28 22:40 | フランス生活 | Comments(0)

すっかり

更新が滞ってしまいました、、、

ここアルルも38度まで上がる日が続いて酷暑ですが、元気です!。

先月の話ですが、日本から弟夫婦が遊びに来たので、3人でコートダジュールの町に

いくつか足を運びました。マルセイユにニース、そしてモナコ。

モナコは初めてだったので、新鮮でした!。

グレースケリーが眠る教会に入ったのですが、本当に厳かな雰囲気で、

教会内での私語も、もちろん写真もNG。

ちゃんと警備の方が目を光らせていました。

(それでも隠し撮りしている人もいたけれど。でもよく考えたらお墓の写真を撮るって、

故人に失礼というか、あんまり良くないことかもしれませんね。)

そして最終日、地中海沿いの 小さな町Antibes(アンチーブ)のピカソ美術館へ。

b0107891_04173600.jpg

ピカソ美術館から見える景色。本当に海がすぐそばです。


アンティーブもずっと行って見たかった町なのでワクワクしました!。

ピカソ美術館は、大きなお城。

ピカソは市から提供されたこのお城で製作をし,その作品のほとんどを市に寄贈しました。

それが最上階に展示されています。

b0107891_04174745.jpg
他の階は様々なアーチストの作品が。

60〜70年代?に活躍したフランス人イラストレーター、ペイネもこの街を愛したらしく、

ペイネ美術館もあります。もちろん、ここへも。

偶然、この美術館の前の広場で蚤の市をしていて、ペイネの60年代のイラスト集を発見。

彼を有名にした”恋人たち”のイラスト集で、小ぶりな可愛い本。

ペイネの美術館前で出会った本、ということがちょっぴり嬉しくて。

いい夏の思い出になりました。




Musée Picasso à Antibes. Il avait travaillé dans ce château et offert des oeuvres à la ville.



[PR]
by colargol | 2018-08-10 04:22 | フランス生活 | Comments(0)

アルルから

バスに1時間ほど乗って,

中世の城跡とか,なだらかに広がるオリーブ畑を通りすぎたら

St Rémy de Provence(サン・レミー・ド・ プロヴァンス)という町に到着。


b0107891_16530575.jpg

ノストラダムスの生家や噴水があって、、、

b0107891_16540500.jpg

その噴水↑。地味だけどノストラダムスさんです。


高級チョコレート屋さんやお洒落なお店がたくさん集まる南仏の小さな観光地。


b0107891_16531804.jpg

b0107891_16532387.jpg

b0107891_16534121.jpg

b0107891_16533513.jpg


b0107891_16535652.jpg

見せ方が素敵で、とにかく色んなものがカラフル。

6年ぶりだったけど色んな新しいお店ができてたりして半日ほど散策しました。

この日私がもち帰ったのは高級チョコでも(キャラメルサイズのチョコが1個130円。)

南仏菓子のカリソンでもなく(アルルでも買えるし),

こんな目立たない軒先のアンティークショップ↓で見つけた

b0107891_16541432.jpg

19世紀のフォークとスプーン。

b0107891_16542283.jpg

裏側を見ると細かく装飾が刻まれていたり。

職人さんによって丁寧に作られたことがわかります。

雰囲気が素敵なので額に入れて飾ろう♫。

このショップのマダムは綺麗に商品を陳列していてとても見やすく、

状態も良いものが集まっていました。

興味あるものが見つかると色々と丁寧に説明もしてくれました。

夏場の水曜、土曜日(あるいは日曜日)しかオープンしてないそう。

やっぱりアンティーク、大好きだなあ。。。

ずっと眺めて見ていたくなります(お店の人にとっては迷惑だろうけど、笑)。

夏に弟夫婦があそびにくるので、また一緒に訪れたいと思います。







J'ai fait un petit ballade à St-Rémy de Provence où il y a beaucoup de boutiques jolies et sympathiques. Je n'ai pas acheté du chocolat ni carrison mais une cuillère et une fourchette de 19ème siècle pour souvenir.

[PR]
by colargol | 2018-05-27 17:03 | フランス生活 | Comments(3)

窓ガラスに 落書き。

窓ガラスに日本のマーカー、POSCA(銀色)で落書き。
水で消せるので便利。


b0107891_23220444.jpg


Un peu de gribouillages sur la vitrine.

[PR]
by colargol | 2018-05-16 23:23 | フランス生活 | Comments(6)

さっき,

強風にあおられてテラスにアマツバメが迷いこんできました。

出れずにバタバタと体を壁のあちこちに打ち付けていたので,

捕まえて手に乗せて5分くらい落ち着かせました(小さな心臓の鼓動が伝わって。)

特にどこか怪我をしている感じでもなかったのでテラスの縁から手を出すと

風が吹いたタイミングでさっと飛んでいきました。

テトがテラスに出ていない時でほんとによかった!。


b0107891_00055802.jpg

La pauvre martinet qui s'est perdu dans ma terrasse a cause du vent fort. Elle était paniqué au début, ne peut pas s'envoler. Je l'ai attrape et gardé dans mes main pendant 5 mins pour qu'elle se repose un peu tranquillement. Elle n'avait pas l'air blessé, je me suis approché au bord de terrasse, après quelque seconde elle est reparti avec du vent. Tant mieux que ca c'est passé au moment ou Teto n'était pas au terrasse!. (Sinon je suis sur qu'elle l'a griffe!)

[PR]
by colargol | 2018-05-11 00:06 | フランス生活 | Comments(2)

初めてのコルシカ島

ナポレオンの生誕の地ということで、名前だけ知っていたコルシカ島。

いつか行ってみたいなーとずっと思っていたのだけど、現地で車がないと

移動できないという話を聞いていたので、フランスで免許のない私は

ずっと躊躇していて、憧れの島のようになっていました。

でもなんと! 

コルシカ島に住む友人が2人もできるという幸運に恵まれ、

遊びにおいでよーと誘ってもらったので、林先生ではないけれど

いつ行くの?、、、、、今でしょ!

という感じで、いつもは腰が重い私が勢いで2つ返事していたのでした。

さてさて、ついにコルシカ島。

アルル始発の6時の電車に乗って、マルセイユ空港へ。

ここまで45分ほど。南仏に移住してから、マルセイユも近くなりました。

それからAir Corsicaというカンパニーの飛行機でひとっ飛び、1時間ほど。

青い海を渡りながら、コルシカ島の岩肌と緑が見えてきた時はちょっと興奮しちゃいました。

友人が空港まで出迎えてくれて、彼女の息子さんと3人でGaggiaというビーチへ。


b0107891_04442522.jpg

b0107891_04433363.jpg

時期的にまだハイシーズンではないので観光客でごった返していることもなく、のんびり散歩できました。

どこを見てもコバルトブルーの海!

b0107891_04454164.jpg

そして夕方くらいからコルシカの南の観光地である、ジェノバの人たちが住んでいたという、

中世の城壁で囲まれたBonifaccioという町へ。

切り立った崖や山の眺めが最高!。

小さな町なんですが、高低差があるからとてもダイナミックで

おしゃれなお店もたくさんあり、本当にプラプラお散歩が楽しい町でした。

b0107891_04465386.jpg
La Mer とは「海」のこと。

シンプルな道案内の看板、いいですね〜。

もう一人の友人も、Saint-Cyprienというビーチに連れて行ってくれたのだけど、

彼女の山手の家からくだり歩いて30分ほどのそのビーチまでいく途中の道が

湖があったりしてとても素敵でした。

b0107891_04473040.jpg

2年前にここで山火事があったなんて信じられないくらい。

b0107891_04493190.jpg

遠くの山頂には雪が少し残っているところもあって。

意外だったのだけど、コルシカ島でも雪が降ることがあるそうです。

ビーチに着きました。

b0107891_05045099.jpg

乾燥してして浜に打ち上げられた大量の海藻がビーチの砂の代わりみたいになっていたり。

2泊3日の短い旅だったけど、2人の友人が1日中あちこち案内してくれたので、

もっと長くいたような感覚です。

フランス人の憧れのバカンス地らしいですが、本当に納得。

イタリアも近い(というか、イタリアの方が近い)ので、イタリア沿岸部の町、

例えばナポリとかソレントとかいった町の雰囲気にも似ているなと思いました。

島大好き!な私にとっては夢の時間で、こんな生活もあるんだなーと

色々なことを刺激された数日間でした。











[PR]
by colargol | 2018-05-03 05:10 | フランス生活 | Comments(8)

窓から

だいぶ更新が滞ってしまいました。。。
何十年かぶりにヨーロッパを大寒波が襲った1週間ほどの間、
ここ南仏のアルルにも雪が降ってものすごーく寒かったのだけど、
今週に入り急に春めいた陽気になり、太陽の眩しさを一段と強く感じるようになりました。

b0107891_20210972.jpg

私のアパートのテラスから見える景色。
右側の遠くのほうに少しローヌ川を見ることができます。
中心地なので石畳だったり、荒々しいむき出しの壁だったりしますが
そこがアルルの魅力だったりします。
この小さな古い町に移住して早3カ月ちょっと。
ちらほらと日本人も含め知り合いもでき、
毎日小学校では子供達の元気いっぱいなエネルギーに覆われ
大変だけれども毎日楽しくやっています。
何よりも長年の憧れだった南仏での暮らし。
これからもっと暖かくなったら色んな場所に出かけて
たくさんのもの(特に自然)を見たいです。




[PR]
by colargol | 2018-03-08 20:28 | フランス生活 | Comments(4)

アルルで

22〜25日まで行われたクリスマスイベント。

22日の夜に行われたレピュブリック広場全部を使っての

サーカスさながらのスペクタクル「Place des anges」は

無数の羽を撒き散らしながら白い天使たちのアクロバットが繰り広げられ、

迫力満点で華やかで、とにかく圧巻でした。


b0107891_00034707.jpg

この舞い上がってるの、全部羽なんです〜。


b0107891_00041515.jpg



b0107891_00054066.jpg


巨大天使も登場。


b0107891_00071238.jpg



b0107891_00112295.jpg

高所恐怖症だったら絶対できない技。


最後には広場が白い羽で埋まって、まるで雪が降ったあとみたいになってて

子供も大人もはしゃいでました。




メリークリスマス!






Spectacle de grands aériens "Place des anges"

a la place de la république de Arles au 22.

Des anges acrobates sous une pluie de millions de plume blanches....

c'etait la magie!

[PR]
by colargol | 2017-12-25 00:12 | フランス生活 | Comments(0)

エリックさんに頂いた

陶器製のセミの飾り。

セミはフランス語でシガールといって南仏では幸運のお守りとされているもので、

家の外壁なんかに飾られているのをたまに見かけます。


b0107891_20090190.jpg
早速テラスの内壁と、部屋の上り階段の壁に飾ってみました。


b0107891_20100497.jpg

2つの小さなグリーンも、この時期に南仏の人たちが幸運を願って

豆から育った植物に赤いリボンをかける習慣があるようで、

エリックさんの奥さんから頂いたもの。


(テトがちょっと食べちゃたけど、、、汗)


見た目も可愛いですね♪





Un cadeau de cigalles et des pot d'herbes de porte bonheur.

[PR]
by colargol | 2017-12-21 20:10 | フランス生活 | Comments(0)