<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月発売の

俳句絵本が届きました★。

b0107891_21251046.jpg



フランス語と日本語併記のバイリンガル絵本。8才〜というのと、
俳句という内容から軽い感じの色数も少ない絵柄です。


b0107891_21253149.jpg



b0107891_2126195.jpg



来月、早速この絵本ひっさげて出版社の編集長であり俳人でもイザベルさんと一緒に
ピカルディー地方でワークショップします。
緊張〜。



Recu un paquet de bonheur!. Des exemplaires de mon livre "Haikus d'enfant et de rainette"chez Editions L'iroli, paraitre tres bientot aux librairies(^0^).




ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2014-02-27 21:27 | 絵本のお仕事 | Comments(4)

部屋を

、、、掃除して綺麗になるとお花を飾りたくなる。
青空の今日はいつもの花屋でミモザを購入。
ミモザの香りがプンプン〜。


b0107891_731279.jpg







ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2014-02-18 07:31 | フランス生活 | Comments(2)

昨年に

絵本「イリスと階段」をご購入してくださった方の娘さんが、戸祭さん主催の「絵本といけばなの世界展」で、この絵本をもとにお母様と一緒にとっても可愛い作品を作ってくれました。

b0107891_23322237.jpg


空に続く階段、大きなキノコ、虹、、、、どれもまさに絵本の世界で感激★。






ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2014-02-12 23:33 | フランス生活 | Comments(2)

リヨン郊外に

、、、住む友人宅に、夜ご飯にお呼ばれして、
バスでとことこリヨンを北上すること30分。



b0107891_9151012.jpg

ヌーヴィルという町に到着。ここからは、友人が車で迎えにきてくれました。
その待ち合わせ場所にあった広い敷地の子供の遊び場。



b0107891_9153385.jpg

遊具全部が木製でまるでおとぎの国。
「小人の世界」とかかれているのがなんとも可愛いです。



b0107891_9154611.jpg

ローヌ川を悠々と泳ぐ白鳥たち。
のんびりした雰囲気の田舎ってやっぱりいいな〜。



b0107891_9154826.jpg




b0107891_916027.jpg

素敵な一軒家で大好きなラクレットをたらふく食べました♩。
ラクレットとは?。
こんな機械にスライスしたチーズをスコップのようなものに入れて
チーズがトロけるまでしばらく待ちます。


b0107891_9161241.jpg

トロットロに溶けたチーズをすぐにホクホクのじゃがいも、
生ハムやサラミの上にかけて、あつあつで頂きます。(擬声語多し)
チーズとハムの塩っけが口の中で広がって、たまらなくおいしい★。



b0107891_9163442.jpg

デザートは、友人の手作りのヨーグルトケーキ。
しばらくデザートなんて作ってないけど、時間の余裕ができたらまた家で作ろう♩。
[PR]
by colargol | 2014-02-11 09:28 | フランス生活 | Comments(2)

日本的なもの

先週のブリュノワ町のブックサロンの会場で、
こんなものを頂きました。


b0107891_4433989.jpg

芭蕉の俳句をもとにした絵本。油絵のような絵がとても綺麗。
ブリュノワ町の45クラスの子供たちが好きな絵本を選んで
投票するというコンクールで、2等賞に選ばれたんです!。
会場内で結果発表があり、市長さんから賞品としてこの絵本を手渡されました。
子供たちが選んでくれたというのがすっごく嬉しい(*^^*)。



b0107891_444018.jpg

この干支のおウマの置き物は、現在絵本のお仕事を一緒にしている
ノビノビ出版の方からのプレゼント。
さらっとした優しい陶器の手触りもなんとも可愛いんです。
フランス人に干支ものをもらうなんてちょっと不思議気分。
親日派の出版社さんで、日本人作家さんを多く起用してます。
日本を紹介する絵本は4月に発売予定です。



b0107891_445626.jpg

サイン会していると私のテーブルにフランス人のご夫人がニコニコとやってきて。
日本に6回も行ったことがあって大好きなんだとか。
色々話しているうちに、ご自身の手作りのしおりをたくさん見せて頂いて、
その中から私が好きなものをプレゼントして下さいました。
小さいものなんだけどすごく丁寧に折り紙が折られていて。
彼女の名前のフランソワズの捺印が素敵です。
お隣にいた旦那様(たぶんベトナム人?)も親日家のようで、
もしまたこの町に来る事があれば家にいらっしゃいと名刺を頂きました。


私が3泊お世話になったブリュノワ町のお宿「L'imprevu」。

b0107891_582280.jpg


2軒の家がひとつになったもので、天井も高くすごく広々としてます。
少し駅から歩きますが、経営しているご夫婦、マリアナさんと旦那さまの
イブさんがとても親切で、夜はご家族と一緒にテーブルを囲んでのお食事、
朝食は5種類もの自家製ジャムなどを頂きました。(イブさんお料理上手!。)
ポトフやトナカイのテリーヌ、キャラメルソースの豚肉、餅米、、、
手作りのお料理、どれもおいしかった〜。
ワインもどんどん勧められるので私の顔は真っ赤に、、、笑。

部屋の鍵をもらえて出入り口も別れているので、正面入り口を
通らなくても自分の部屋へ直行でき、プライベートも守れます。
ホテルというよりは良いご家庭にアットホームしているような
気分になれる素敵なお宿で、フランスの生活を肌で感じながら
観光したい人にはぴったりではないでしょうか。
お庭もとても広くて、春や夏になればお庭でお昼寝や読書、
なんてことも心地よいかもしれません。
パリから電車で30分、ちょっと田舎のほうでのんびりしたいな〜とか、
ブリュノワ町に滞在するならぜひおススメしたい宿です。




ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2014-02-02 05:11 | ブックサロン(サイン会) | Comments(2)