<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Poisson rouge*金魚*

フランスに来て初めて金魚を買いました。
喧嘩をしないように、水を綺麗に保つために1匹だけ。
アヌビアスの水草も一緒に。
こちらがカメラ目線の、お腹が白い和金ちゃんです↓。

b0107891_1735928.jpg
知らなかったのだけど、イタリアでは金魚鉢で
金魚を飼う事は禁止されているんですね。
何やら金魚鉢というのは飼育に向いていなく、
金魚にとっては虐待環境なんだとか。

思いっきり金魚鉢なんだけど。。。汗。

元気にヒラヒラ泳いでますが、
酸欠にならないようエアーポンプも探してきます。






↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-31 17:35 | フランス生活 | Comments(2)

MALLEのローテーブル

居間のローテーブルを変えたい。

そう思った時、数年前に蚤の市で購入した古い大きな木箱を
物置につっこんだままにしてあるのを思い出して。
今まで収納に使うものだととしか思ってなかったけれど、
上面が平らだからテーブルにもぴったり。

b0107891_178950.jpg
フランス語でMALLE(マル)と呼ばれるもの。
もとがこんな感じ。
40年代前後のものでしょうか、かなり古ぼけてます。
化粧直し開始です!。


b0107891_17102834.jpg
まずは掃除に便利なように
底面にローラーを4個取り付けて。
緑部分は油絵に使われるような生地で、
剥がせることが分かったので全部ビリビリ剥がしました。
出てきた木肌にヤスリをかけるとシミや汚れなんかが
多少消えて色が一段白くなり綺麗になりました。
色を塗っても可愛くなりそうだけど今のところこのままで置いておきます。
(ロウを塗ってアメ色にしても素敵かも。)

b0107891_17171320.jpg
上から長方形のガラス板をおいて使える面積を広く。
大きな金魚鉢など置いてみました。
今日にでも金魚探しに行こうかな。。。
右の本は北野たけしさんの自伝で、今旦那サンが読んでるもの。
かなり面白いらしいです。



↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-30 17:21 | アンティーク雑貨 | Comments(6)

ネコと暖炉

暖炉になんて普段あがらないプンムが
そこが最近のお気に入り場所になっている。

b0107891_1752615.jpg
たぶん石の冷たさで涼をとっているんだろうナ。

ネコに付いていけば部屋のどこが涼しいのか分かりそう。
[PR]
by colargol | 2012-07-28 17:52 | フランス生活 | Comments(0)

梅干し

昨日ふらっと立ち寄ったチャイナタウンで梅干しを発見。
b0107891_172538100.jpg
1パック5,90ユーロ。
今、100円で計算できるから高くない。
梅干しの産地である和歌山県の会社らしくて、
いいねエ〜っ♥と思いながらよくよく表示を見てみると、

原産国/原料:中国

、、、とある。
ということは、梅は中国産で製造が和歌山ということか〜。
せっかくおいしい梅が取れる和歌山(わたしの田舎)
なのになあ〜、、、ちょっと残念。
でも、味は良いです。
昔は梅干しは苦手だったけど今は割と好きになって。
味覚って年とともに変化するもんですね。


↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-27 17:26 | フランス生活 | Comments(2)

アイスコーヒーというものが存在しないフランス。(何故?)
だからせっせと自分で作ってこの暑い夏、しょっちゅう飲んでます。

b0107891_1921313.jpg
最近見つけたアンティークの葉っぱ模様のグラス。
微妙に歪んでいるしガラス部分に変な突起があったりするけど、
それが味になってて、手作りっぽくてお気に入り。
完璧じゃないモノもいいものだナ、ウム。

ぽってりした光を反射するガラスの厚み、
気泡もいっぱい入っていて涼しげで夏らしい。
アイスコーヒーがさらにおいしく感じられます。




↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-26 19:03 | フランス生活 | Comments(0)

7月のダリア

b0107891_22331381.jpg
パリの友人がアンティークの吹きガラス瓶をプレゼントしてくれたので、
近所の花屋さんでダリアの花束を買って飾りました。
うすいパープルと白のグラデーションが綺麗^^。
気分が沈みがちな時は花を買って愛でるのがいいですネ。
癒されます。

今日からまた次の絵本のお仕事がはじまりました。
7~11歳の子供を対象とした俳句の絵本。
バカンス時期だけど、8月も仕事、頑張りますっ!。



↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-20 22:35 | フランス生活 | Comments(4)

b0107891_22252872.jpg
70年代のタペストリ−、シャンデリアパーツ、アンティーク帽子立てなど色々更新しています。
どうぞお立ち寄り下さい。

↓Biscotteへ(ロゴクリック)
b0107891_1885012.gif



↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-18 22:26 | アンティーク雑貨 | Comments(0)

革命記念日

le 14 juillet、7月14日。
昨夜の革命記念日の花火。
b0107891_16351916.jpg
22:30きっかりに、丘の上のフルビエール寺院から打ち上げられました。
夜は結構肌寒いので、上着を着て近所のソーヌ川沿いに出たんですが、
去年も同じ場所で見たなあ、1年って早いなあと何だかしみじみ。

花火は、ハート型とか、星の形だったりとか去年にはなかったものも。
最後の15秒くらいのクライマックスの盛り上がりがすごかった!!。
20分くらいの打ち上げが終わると、集まっていた人達から拍手。

これからフランスは本格的なバカンスに突入です。
さて、どこに行こうかな?。



↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-15 16:37 | 未分類 | Comments(0)

b0107891_16471886.jpg

ガリマール社の新刊「L'histoire en vert de mon Grand-pere (おじいちゃんの緑のお話)」
作者:Lane Smith

昨年アメリカで出版された絵本をフランス語で翻訳出版したもの。
5月にブルターニュのブックサロンに出かけた時、
書店のブースでこの表紙絵のポスターが飾られていたんです。
一目みてギュ〜ッと心をわし掴みにされ、書店の方にお願いして
このポスターを1枚頂いて部屋に飾ってました。

先日、立ち寄った書店でこの絵本を見つけて即決で購入。
いい絵本に出会えた時ってすごく幸せな気持ちになります。

お話の主人公は男の子。色んな園芸創作品が広がる広いお庭を通じながら
(映画「シザーハンズ」に出てくるジョニー・ディップ演じるハサミ男のお庭のよう)
男の子のおじいちゃんの人生ヒストリーが語られていきます。

優しいタッチの絵がとにかく魅力的。
また最後のほうの1枚のページは袋とじになっていて、
扉のように両サイドをめくるとパノラマのイラストが広がります↓。
b0107891_16473345.jpg


今iPadが普及して絵本もどんどんデータ化され簡略化されてますよね。
私が以前に子供雑誌に描いたお話イラストもどんどんiPad向けに再使用されてます。
iPadは確かに便利だし、別にアンチテクノロジーとかじゃないんですが、
こうやってページをめくる時の楽しさとか、しかけにドキドキする気持ちは
iPadじゃ感じられないハズ。
熟年のフランス人ベテラン絵本作家さんがある雑誌で
「絵本のiPad化がもてはやされているけれど、一時の流行に過ぎないと思っている。
このために絵本が消滅してしまうかも、なんていう心配はしていないよ。」
とおっしゃってました。
私も同感です。




↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-13 17:12 | Comments(2)

冷蔵庫

このアパートに引っ越ししてきた時に、友人から貰った中古の
冷蔵庫を使っていたんですが、2年使ってついに壊れてしまいました。
2年、といっても友人が飲食店をしていた時から使っていたものだし、
なんと60年代生まれのヴィンテージもの。
50年前のもので、ここにきてさすがに寿命がきたんでしょう。
でも昔のものって長持ちですよね。
(今のパソコンや電化製品なんかは、売り上げが伸びるように
わざと数年で壊れるように作ってあるとか。ひどい話。)

それで、壊れた日にすぐにネットでごく普通の中型タイプのものを購入したんですが、
なんと配達は2週間後!。
この待ち時間、日本じゃ考えられない。。。。

とにかくじっと待ちました、2週間。
冷蔵庫なしの生活で。

そしてついにやってきた配達日。
すでに支払った配達料4,000円というのは、配達人が商品を部屋まで運ばずに
建物の扉前で下ろして手続き完了、というもの。
私のアパートは6階のエレベータなし。
旦那サンと2人で上げれば大丈夫だろうと思ってたんですが
彼があいにく足を痛めていたので、プラス2,000円の追加で
部屋まで上げてくれるサービスに変更しようと思って
配達人のアラブ系のお兄ちゃん2人に2,000円今ここで払うから
部屋まで上げてくれるようにお願いしたら、

そんなんじゃ出来ない、6階なんだからもっとするという。

(!!!)

建物前置きで登録してるし、それを変更するなら2,000円以上するんだと
いかにもっぽく理屈を言いながら小さな機械を私に見せてくる。
2階であろうが6階であろうが部屋置きサービスはプラス2,000円だということを
知っていたし、彼らがそれ以上請求してくるなら、
これはもう会社を挟まない個人同士の口交渉。

旦那サンは「どうする?どうする?」と迷ってましたが、
私は足下を見られた気がして気分を悪くして
絶対2,000円以上払うものか!という気持ちだったので

「じゃあいいよ、私達でなんとかするから。」
と建物前で冷蔵庫を引き受けようとしたら、ササっと顔色を変えて
「とにかくやってみるよ。」
と、そそくさと2人で冷蔵庫をかついで階段を登り始めました。

旦那サンのぽつりと言った最後のつぶやき、
「僕ら今、手持ちの現金2,000円きっかりしかないしね。」(本当)
を聞いて交渉をあきらめたんでしょう。
で、6階まで上げてもらって2,000円きっかり払って取引終了。
彼らにしてみれば、自分のポケットに入るお金ですもんね、
5分足らずの仕事でいいお小遣いになったはず。

そんなこんなで、やっと家に冷蔵庫がきたわけですが、
冷凍庫付きの冷蔵庫を使うのはほぼ4年ぶり!。
夏は冷たいアイスが食べれると思うとルンルンです♥。

b0107891_21233123.jpg

プンム:冷蔵庫?。わしゃには関係ないけどよかったニャ〜。


↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2012-07-11 21:30 | フランス生活 | Comments(3)