<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

来週の30日(水)から6日間、フランスで一番大きなブックサロン、Salon du Livre et de la presse jeunesse(サロン・デュ・リーブル・エ・ドラ・プレス・ジュネス)、通称モントルイユのブックサロンが始まります。
今年でこのサロンも27年目になるんですね。
初日の夜は出展出版社によるオープニングパーティーの開催。
う〜ん、シャンパン飲みたい★。
先日、子供雑誌でお世話になってるトゥールーズの出版社さんからパーティーの招待状が送られてきました。今年のポスターはこんな感じ。

b0107891_1510959.jpg


黒地にオレンジヘアーの後向きライオン。筆みたいになってるしっぽがおちゃめ。
シンプルだけどパッと惹かれるものがあって、個人的に好みのイラスト♥。
ライオンさんはどんな顔をしてるだろう〜、見てみたい。
でもこうゆうのって、ミロのビーナスの腕と同じで、無いから好奇心とか想像力を
かき立てられ魅力的なのかも。

オープニングパーティーにはあいにく行けず残念ですが、12月(師走に突入〜)3、4日の週末にノビノビ出版さんのブースで新刊絵本「Les couleurs de Bilo(ビロの色)」のサイン会をします。ブックサロンの今年の招待国はメキシコ。
今年はどんな素敵な絵本に出会えるのかなあ。楽しみ^^。
この機会にパリの友人達や作家友達にも会ってこようと思います。
戻ってきたらまたレポートしますね。


ポチッと応援クリックお願いします。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2011-11-26 15:21 | 絵本のお仕事 | Comments(2)

Chaponostのブックサロン

先週末、Chaponost(シャポノスト)という小さな隣町へ、今年最後のブックサロンに行ってきました。日本文化と漫画がテーマになっていて、会場に入るなりこけしの看板やら(こけしはフランスでここ数年前からブームなんですヨ〜)折り紙の鶴、日本の書籍がたくさん並べられていてまさに日本一色。

b0107891_21122677.jpg
舞台上で日本人会の方たちによる琴の演奏とかお茶会のセレモニー。


b0107891_21132047.jpg

楽焼のアトリエ。会場外に釜みたいなのが設置されていて、最初はバーベキューでもやるのかと思っていたのだけど、そこで成形した陶器を焼いてました。
これ、やりたい人は3ユーロ(300円ちょっと)払うんですが、出来たものお持ち帰りできるし
すごく安いですよね。陶芸には前から興味があって、めちゃくちゃやりたかった〜。
時間が見つけれなくて残念。

他にもお習字とか、ゲームコーナー、柔道場、指圧、フランス人の方が描いた日本的絵画の販売、陶器販売なんかがありました。


b0107891_21192329.jpg
このブックサロンで販売される書籍はほとんどが漫画で、他にキャラクターグッズとか。グッズの周りには子供達が群がってました。日本にはキャラクターグッズは溢れてるけれど、グッズ、という観念は日本のもので、あんまりフランスにはないような気がします。


b0107891_21232126.jpg
ワークショップは、日本をテーマにしたものをという要望だったので、私の絵本のなかの「Le petit Grand Samourai」(ちっちゃな大きなオサムライくん)を取り上げて、折り紙で子供達にやっこ侍を折ってもらいました。
この絵本、結構文章が長くて初めてワークショップで取り上げて読んだのでちょっと苦戦。
フランス語ってやっぱり難しい〜っ。

午後はテーブルについてサイン会。
私がこのサロンに来ると聞いてわざわざ家から絵本をもって来て下さる方もいて。
(Rさん、ご家族で来て頂いてありがとうございました♥)
ブックサロンの内容がそうだからか、会場に来ている方は親日家が多くて、
話してみると日本に1年住んでたとか、日本のどことどこへ旅行に行った、とか。
私をこのサロンに招待してくださったモニック夫人も、息子さんが大の日本贔屓で、
ご自身も息子さんが住んでいた時に訪れたことがあり日本が大好きなんだそう。
そうゆう話をきくと何だか嬉しくなります。

国の交流っていいな〜。
日本の行事や祭り事をフランスの子供達に紹介する絵本、そんな絵本を描く事を
今ひとつの計画として頭に描いています。実現させたいナ。。。!



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2011-11-23 21:44 | ブックサロン(サイン会) | Comments(2)

秋便り

、、、というか、もう冬のようなリヨン。
数日前から暖房もつけ始めて、毛布も出して冬支度。
今年もあと1カ月ちょっとなのですね〜。

家に閉じこもってずっと絵ばかり描いてたので
頭の中の換気をしにテットドール自然公園へ。
すっかり秋色に染まってました。

b0107891_18372182.jpg

湖の周りを一周。

b0107891_18463438.jpg

オレンジ系の色の中でパっと映える綺麗なピンク。

b0107891_18375715.jpg

素晴らしき秋晴れ、の1日。

今週土曜日は久しぶりにワークショップ&サイン会に出かけてきます。
隣町のChaponost(シャポノスト)という小さな町で行われる、日本の漫画がテーマになったフェスティバル。そこで私の絵本「小さな大きなオサムライ」を持参して、子供達に折り紙で「やっこ侍」を折ってもらおうと思ってます。出来るかな?。
初チャレンジなのでちょっとドキドキだけど、楽しんできます★。



にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2011-11-17 18:45 | フランス生活 | Comments(4)

秋の味覚

深まる秋。。。

朝起きるとどんよりグレー色の重たそうな空がのっぺり広がっていて、

気分もズーン。。。と沈んじゃいそうな寒い冬もすぐそこな感じのリヨンですが、

食欲の秋、おいしいものを食べてテンションをあげたいところ。

b0107891_9261690.jpg
マルシェで見た巨大キノコ。

CEPE FRANCE、フランスのセップキノコ。

男性の手の平くらいありそうなジャンボサイズにびっくり。

シンプルにバターで炒めてパクリと口に運びたいかも。

柿もありました。(普通に"Kaki"と表示されてます。)

焼き栗も今のうちに食べとかなきゃ〜。
[PR]
by colargol | 2011-11-10 09:20 | フランス生活 | Comments(2)

アニバーサリー

b0107891_2291870.jpg
お誕生日がやってきて、またひとつ年を重ねました〜。
生んでくれた両親、そして今までの良き出会いに感謝します。

写真のお花は、先月10月の上旬に旅行で訪れたタイの王宮内で撮ったもの。
今、タイは50年に1度といわれる大洪水で大変なことになってますね。。。
行ったばかりなだけに町が水没している画像、映像には絶句です。
タイに住む人達が少しでも早く安堵、普段の生活に戻れますように。。。!


ポチッと応援クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2011-11-08 02:29 | フランス生活 | Comments(8)

年末ブロカント

10月終わりごろから、もうクリスマス商品が並びはじめたフランス。
やっぱりヨーロッパってクリスマスは年で一番のビッグイベントなんだと実感。
(、、、、にしても気が早すぎ?)

今朝、近所で年に2回のブロカントがありました。
大きな倉庫みたいな場所で、毎回、朝9時のオープン前から掘り出し物をゲットしようと
集まる人の行列ができる人気のブロカント。
収益は恵まれない人達に寄付され、販売員の方達もすべてボランティアの方たち。
お値段の安さと品数の豊富さが魅力で、私も数年前からチェック。

b0107891_1521910.jpg
家具もたくさん。アンティークの良いものはすぐにSOLDに。


b0107891_1532542.jpg
かご好きにはたまらない売り場。かごってやっぱり可愛い〜♥


b0107891_15413100.jpg
アンティークのレースやらハンカチやらナップやらの売り場。繊細なレースで飾られた赤ちゃんのボネがとっても可愛い。これは!と思う素敵なものもたくさん、でもそうゆうのは別格扱いでお値段高め。でもアンティークだものね。


b0107891_1582115.jpg
女の人の群れができていたヴィンテージアクセとパーツの売り場。
ここで70年代っぽいフクロウのブローチをゲット。

他にも、食器関係、切手、時計、文具、額、帽子、本、、、などほんとに色々あり。
2日間の年末一斉大売り出し!というような感じ。

ハ〜、でも人が多すぎて。。。

1時間くらい見て回って、クタクタになる前に出てきました。

今日のムフフ、な戦利品 ↓。
b0107891_224389.jpg
70年代にRaymond Loewyというアメリカ人の産業デザイナーによってデザインされたル・クルーゼのヴィンテージ鉄鍋。
大きさ充分、奥行きもあって使い勝手良さそう。使用感あるけれど状態も良し。
黄色やオレンジなどの色もあるらしいんですが、このグレーはレア★。
売り場ではル・クルーゼの鍋が色々あったんですが、どれも高くて。
でもこのグレーだけがお値段は3分の1。このお鍋にもよく見たらちゃんとクルーゼの凹凸ロゴがあるんですが、それが浅くて凝視してみないと分からないくらいで、たぶん値段をつける担当の方がクルーゼの鍋だとは分からなかったんだと思います。そんなんで格安でゲット、ラッキーでした。
[PR]
by colargol | 2011-11-06 02:24 | フランス生活 | Comments(0)