<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久しぶりにカラッと晴れた今日、旦那とサン・ジェルマン・オ・モンドール(St-Germain au Mont d'or)にハイキングに出かけました。リヨン市内からバスで北上する事30分、そしてさらに歩く事30分、サン・ジェルマン・オ・モンドールの村に到着。


b0107891_614850.jpg
村を出て山を上がったところ。汗がじっとり。
下に見えるオレンジ色の屋根のあるところが村です。
遠くまでのどかな田園風景が広がっていました。


b0107891_615754.jpg
イエス様?。


b0107891_6153567.jpg
山道のいたるところにクワの実がなっていたので。。。


b0107891_61633.jpg
旦那も私も手を紫色にしながら夢中になって収穫。あっという間に袋いっぱいになりました。


b0107891_614361.jpg
クワの実を獲っていたら寄ってきた黒いおウマさん。鼻筋をなでなで。おとなしい子でした。


b0107891_6162784.jpg
村に降りてきたら、Le lavoir de St-Germain au Mont d'orと書かれた貯水場にでてきました。昔はここで住人が洗濯物などを行ったそうです。


b0107891_619449.jpg
誰かが飼っているのか、中にはお魚が。


b0107891_6192786.jpg
この場所の歴史の説明と一緒に時代ごとの写真も。
これは子供達が写っている同じ場所の写真。なにかお祭りでもあったのでしょうか。
1907年とあります。1世紀前ですね。


b0107891_617424.jpg
持ち帰ったクワの実で早速タルトを作ってみました。
30分も焼く事、甘酸っぱいタルトの完成〜。
2人で食べきれないくらいできたのでお隣さんにもお裾分け。
今日はいい汗がかけました。
[PR]
by colargol | 2011-07-30 06:29 | フランス生活 | Comments(4)

Marie Claire idee

b0107891_11732.gif

b0107891_1342992.jpg

乙女心をくすぐる手作りものアイデアがたくさん紹介されている雑誌「Marie Claire idee(マリークレール・イデ」。イラストのインスピレーションソースにもなるのでよく見ている大好きな雑誌のひとつなのですが、そのオンラインサイトでFabuleuse Factoryがネット通販を始めたことがお知らせされています。私のPARISシリーズのT-シャツの写真もあって嬉しいです。

Marie Claire idee

PARISシリーズの円柱ランプが早く欲しい〜。
秋頃発売と聞いていますが、製造が上手くいってくれる事を祈るばかりえす。
[PR]
by colargol | 2011-07-28 01:29 | イラストのお仕事 | Comments(2)

なんとなく、、、

心惹かれる風景があるように、なんとなく心惹かれる「坂」があります。
例えばソーヌ川沿いの道にふと現れるこの階段坂がそう。
b0107891_527554.jpg

まさに線路ならず、階段は続くよ〜どこまでも〜♩

何段あるか不明だけれど、地理からいって上はフルビエール寺院に続く散歩道にでてくるハズ。
日頃の運動不足解消のためにも、今度チャレンジしてみよう!。
さて、魔の坂なるか?!。
[PR]
by colargol | 2011-07-22 05:33 | フランス生活 | Comments(0)

le 14 juillet の花火

昨夜の革命記念日の花火。
やっぱり見たい!と思って中心地まで出かけるつもりだったのだけど、
外に出るとすぐそこのソーヌ川沿いに人だかり。(橋の上にも。)
遠くの丘の上に、打ち上げ場所のフルビエール寺院が見えます。
空には、ぽっかり綺麗な満月。
なんだ、ここでも見れるのかと腰を落ち着け、待つ事15分ほど。
22時半、パッとフルビエール寺院と隣のアンテナ塔の照明が
消えたかと思うと、はじまりました~。

b0107891_1181616.jpg

ひんやりした夜風にあたりながら、15分くらい目を楽しませました。
(フルビエール寺院がシンデレラ城に見えてきたりして。ディズニーワールド?。)
花火、やっぱりいいもんですね。
ソーヌ川への光の反射も綺麗でした。


ポチッと応援クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2011-07-16 01:17 | フランス生活 | Comments(3)

何度かお知らせさせて頂いた、高円寺のギャラリー三つ豆さんでのBulle de savoun〜しゃぼん玉展〜も無事に終了致しました。
期間中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!。
Biscotteの商品は同じく三つ豆さんで9月23日から始まる別のイベント販売会で
販売を継続予定です。また素敵な作家さんが集まる素敵なイベントのようですので、
私も楽しみです。今度は会場にいける、、、かも?!。

ネットでも続けて(マイペース更新なショップではありますが)
可愛いヴィンテージレトロ雑貨をこれからも紹介させて頂きますね。
今回は、70年代のリスのフルーツピック、50年代のグリーンのワンちゃんの
フルーツピックの2点を更新しました。どうぞご欄ください。

b0107891_3422611.jpg


フランス蚤の市雑貨Biscotte
b0107891_3331650.gif

[PR]
by colargol | 2011-07-15 03:43 | アンティーク雑貨 | Comments(2)

今日は革命記念日、祝日です。
という事は、今夜は花火の打ち上げかあ〜。
パリでは今頃、空軍の飛行機がビュンビュンとシャンゼリゼ通り上空を滑走して
たくさんのひとで賑わってるんだろうな。
青空が広がってとてもお天気がいい午後だけど、夜からはまた雨なのだそうな。
はて花火、どうなることか。

b0107891_2215010.jpg
バカンスに入って、都会からどんどん人が減っていく時期。
子供たちも田舎にいって、自然のなかで遊び走り回ってるんだろうな〜。
こないだ友達のフランス人ファミリーも1カ月半ほどの予定でリヨンを出て行きました。
みんな思い思いののんびりバカンスを過ごすようです。

いいなあ〜。
私は今なんて仕事でぎゅうぎゅう詰め、、、動けない。。。
でもでも!
来月中旬から2週間ほど、バカンスで留守にする南仏、アルルの友人ファミリー宅を借りて滞在します。大きな庭付き一軒家で、お留守番のネコちゃんのお世話とお庭の水やり。
その2週間の間に南仏の、特にまだあまり知らないラングドック・リムーザン地方の
海沿いの町を色々訪れてみようかと計画中。。。
久々の1人旅、になるかな。



ポチッと応援クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2011-07-14 22:05 | フランス生活 | Comments(0)

プンムの健康診断

b0107891_741424.jpg
夏に突入して、この頃毛抜けがものすごいプンムくん。
ちょっと背中をなでるだけでも毛が「もさあ〜〜〜」とひとかたまり。
私、動物アレルギー性鼻炎なのでブラッシングをまめにして対策しております。

こないだ、プンムを近所の獣医さんに連れていきました。
特に何か具合が悪いという訳でもないけど、お歳だし
(16歳。人間でいうと80歳くらい?)健康診断のつもりで。
籠に入れられながらの移動中も大人しくしているプンム。
この分なら検診も大丈夫だろうと思った、、、、

のは甘かった。
採血のために獣医さん、アシスタントさんにテーブルの上で
ごろんと横にされたとたんに豹変!。
牙をむき出し、コブラのように鳴いて怒る、怒る。
獣医さんも咬まれないように必死に抑さえこみ、旦那も加わって大人3人で
プンムを押さえつけて採血もなんとか成功。フ〜。
(獣医さんはこんなに抵抗する猫は初めてだ、とおっしゃってました、汗。)
なんかプンム可哀想だったけど、仕方ないね。よく頑張ってくれました!。
お会計では、あらかじめ聞いていた見積額の7千円をゆうに超えて、
薬代も入れて全部で2万円。。。。!。保険効かないものね。
しっかし、私の医者代より高いよ。。。トホホ。

検査の結果では、内臓が歳でやはり弱っているらしいので、
毎晩寝る前に液体のお薬を注射器みたいなのでプンムの口にぴゅっと注ぎ、
粉薬をご飯に混ぜてあげてます。
これで少しでも健康で長生きしてくれたらいいなあ。

ネコの話で思い出しましたが、前にふとあるイヌ・ネコの保健所のサイトに辿り着き、
記事を読んで涙が出てしまいました。ドリームボックス、といわれる部屋のなかで
ガスで死に追いやられるという事を知っている方が多いと思いますが、
ドリームなんて優しい夢のような言葉とはほど遠く、保健所で処分されるイヌ・ネコは
二酸化炭素での窒息死、つまり恐怖とパニックの中、苦しみ抜いて死んでいくのです。
決して安楽死ではないのです!。
亡骸はそのまま機械的に焼却炉に落とされ焼却されるのですが、運悪く二酸化炭素で
力つきなかったイヌ・ネコは命がまだあるまま焼かれることになるのだ、と。


こんなむごい事ってあるでしょうか。


さらにショックを受けた1枚の写真があります。
ドリームボックスに入れられる直前の、ネコたちが網のネットに1匹1匹入れられ、小さなダンボール箱にすし詰め状態に入れられている写真。写真に添えられた、「ネコたちにも自分の死が分かっているのか、鳴くものは1匹もいない」という文章。ネコたちはカメラ目線で、そのあきらめたような空しい眼差し。心にグサッと突き刺さって、また涙が止まらなくなってしまいました。
保健所で1日850匹、約100秒に1匹のイヌやネコが殺されているのだと。


こんな事があっていいのでしょうか。


保健所のサイトでは、ひとりでも多くの方が、保健所でイヌ・ネコがどのように処分されているのかを知り、命の大切さを分かって欲しいために、あえてこのような酷な写真を掲載することにしました、とありました。現実を詳しく知りとても辛い思いになりましたが、自分は一度家族になった動物をどんな理由があろうとも絶対無責任に捨てたりはしない!という思いでいっぱいになりました。
ドイツにはアニマルシェルターが存在し、保健所は「ゼロ」なんだそうです。
地球生物会議ALIVE
つい最近まで「犬を飼うこと」というドラマがありましたよね。
人間と同じで病気もするしお金もかかるし、飼うのは色々大変なこともあるけれど、人間の気持ちに寄り添う本当に素晴らしい家族になりえる存在だと思っています。決して飽きたから、仕方がないから、といってぬいぐるみのように捨てられるものではありませんよね。心があるなら。
飼う前から本当にこの先10年、15年、そのこの命ある限り面倒を見る自覚と責任があるかどうかを考えること、去勢/避妊手術、やむを得なく飼えなくなる場合は里親探しをすること。それから、ペットショップでのイヌ・ネコ売買の廃止もありだと思っています。
1匹でも多くの、死に直面しているイヌ・ネコが救われて欲しいです。
[PR]
by colargol | 2011-07-10 07:30 | フランス生活 | Comments(9)

b0107891_2163991.jpg

以前何度かお知らせした、東京の高円寺での「しゃぼん玉展」、ただいま開催中です!。
6日まであと残り3日。Biscotteのフランスアンティーク商品の他、
素敵な作家さんの 作品もたくさん集まっていますので、
ぜひ高円寺に足をお運びくださいね。
(写真は同じく出店作家のCoklicoさんから拝借しました↓)
b0107891_2172825.jpg
デッドストックのレースやリボン、ボタンなど。
b0107891_2171254.jpg
70'sの絵本も色々揃えています♩

Bulles de Savon  ビュル デゥ サヴォン 〜しゃぼん玉展〜
鹿の子× KIMONO MODERN × Coklico x Biscotte×小野内商店 "
夏のお散歩、和小物&フランスアンティークマルシェ" フランスマルシェに遊びにきませんか。着物生地、フランス布地、ボタン、ビーズ、 レース、かご、絵本、雑貨、日傘と作家の手しごと。夏のお散歩をたのしむ6日間。 作家さんのつくる大震災チャリティー小物も限定数ご用意しました。

開催日:7月1日(金)〜6日(水)
時間:11時半〜18時 半
開催場所:den mitsumame
住所:東京都杉並区高円寺南3-62-2 2F
Tel:050-3573-1806
den mitsumame(高円寺)


ポチッと応援クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by colargol | 2011-07-04 02:20 | アンティーク雑貨 | Comments(0)