<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0107891_550812.gif

10月15日と16日の2日間、パリ北部のピカルディー地方にある
小さな町、Clermomt de l'Oise(クレモン・ド・ロワーズ)に
ブックサロンとワークショップに出かけてきました。
ピカルディー地方、、、木々や森の多い自然豊かなところ。
行くのは初めてで楽しみにしていたら、運悪くSNCF国鉄が
ストライキを始めて出発が不安な状況に。
アワワワワ。。。。
現地に行けるのか?!と前日まで心配だったけど、
何とか状況適応しながらパリで列車を乗り換えてClermontに到着。
駅で出迎えてくれた図書館長のイザベルさんに会えた時はホッとしました。

この町では来年始め頃まで"AsiaMania"という日本をテーマに様々な
イベントを行っていて(例えば、折り紙や生け花など)今回、
日本人の私をブックサロンのゲストとして呼んで下さったのです。
ブックサロンのポスターも描かせて頂きました。
町のあっちこっちのショーウィンドウに貼られてました(*^0^*)。

b0107891_5503775.jpg
右端の建物がブックサロンとワークショップの会場になった、
Hotel de Ville(市庁所)。歴史のある古そうな建物。

b0107891_5513170.jpg
午前中は会合センターで、お昼は市庁所でと、この日は1日ワークショプ。
お昼すぎに市庁所に到着すると、すでに子供達が先生方と一緒に
学校から集まってました。5歳くらいの子達ですね。

b0107891_5515655.jpg
早速準備すべく2階の図書館に上がったんですが、
ここの図書館がちょっと素敵だったんですヨ~、フフ♥。
上から下まで本の山。。。って、図書館だから当たり前なんですけどね。
建物の古さもあってか、まるで時間がとまったような空間が広がってました。

b0107891_5524967.jpg

古い貴重な本もたくさんありそうでした。
こんな所で働けたらいいな〜、なんて思ったら、ここで働いている図書館員さんたちの
話では、もともと図書館として作られた場所じゃないから、荷物の置き場がなくて不便、
階段のみなのでお年寄りの足の悪い方が本を借りに来られない
(彼らのためにエレベーターの取り付け依頼をしたら、”由緒ある建物だから駄目”と建築家に
断られたらしいのです。古さも、時には良いのか悪いのか。)
こんな事もあり、図書館のお引っ越しも考えているそうです。

b0107891_5531159.jpg
所々に飾られている子供の工作。

b0107891_5541280.jpg
図書館の一番奥の部屋がワークショップのために開かれたんですが、
入ってまたまたビックリ。あちこちに大きな絵画(コピーじゃなくて、きっと本物でしょう。)
が壁に掲げられて、まるで美術館。
聞くと、時々音楽コンクールの審査室としても使われているんだとか。
なるほど、どうりで(審査員の)椅子がずらっと並べられてる訳ですね。

b0107891_5543438.jpg
部屋の1角に私の絵本やボード、テーブルなど色々用意して下さいました。

b0107891_5561040.jpg
さあさあ、みんな入って〜、こっちだよ~♩。

b0107891_5564281.jpg
ワークショップにやってきてくれる子供達は、学校ですでに私の絵本を読んだり、
絵本に沿って自分たちでも絵を描いたりして既に親しんでくれてます。
なので私にあらかじめたくさんの質問を用意していて、早速質問タイム。
質問のある子は、発砲スチロールで作った”なんちゃってマイク”を持って、、、
「どうやったら同じ絵がかけるの?」
「本はどうやって作るの?」
「絵は何の役にたつの?」
「どうしてフランスで絵を描こうと思ったの?」
などなど、ほんとにた〜っくさんの質問が飛び交いました。
時にはどうゆうふうに答えていいか考えてしまう事も。

b0107891_5572979.jpg
「まずは丸を描いてね〜、それから。。。」という感じで、
絵本の1シーンを同じ画材を使って説明しながら描いてみせます。
これは、風車小屋にいるキツネくんの絵。
みんな絵が好きなのか、結構真剣に見てくれます。

b0107891_5575385.jpg
「MON PANDA」絵本で使ったリノ板を見せながら
版画絵の作り方をデモンストレーション。
この他に、先生方からのリクエストで新刊の俳句絵本「Haiku, mon nounours(はいくま)」を
子供達に日本語で読んだり(絵本に日本語が付いてます)、
日本語で数の数え方を教えたり。
日本に興味を持ってもらうのは嬉しいです。

b0107891_558258.jpg
ワークショップの翌日は、市庁舎のホールでブックサロンが開催。
中央のマイクでスピーチされている方が図書館長さん。
サロンでは、パソコンでフォトショップを使ってのイラストの描き方、習字、おりがみ、
製本、手紙制作のアトリエの他に、赤ちゃんが触って遊べるスペースなどが。

b0107891_611795.jpg
リロリ出版のブースで編集者のイザベルさんと並んで俳句絵本「Haiku, mon nounours(はいくま)」のサイン会。イザベルさんも「はいくま」をすごく気に入ってくださってて、来月はクレイユ、そしてリヨンのブックサロンでも彼女と再会します。
まだまだ「はいくま」のプロモーションは続きます。。。!

b0107891_5591523.jpg
「はいくま」をお買い上げ頂いた最初のお客さまは、若いパパさんでした。
早速その場で子供さんに読んであげていてました。
この子にとって初めての俳句の絵本になるんだな~。。。
自分の絵本が子供と親御さんのコニュニケーションというか、
掛け橋のひとつにになる事ってなんか感激します。

俳句はフランスでは結構ポピュラーな日本文化のひとつで
(こないだもリヨンで俳句のイベントが5日間ほどありましたしね)、
フランス人の作家さんが書いた俳句の本って、探せば結構あって。
フランス人には、俳句はショートポエム、という感じでとらえられているのかも。
でも、子供向けの俳句の絵本って珍しいかも。
この「はいくま」が子供達にとって俳句に対して興味を持つ糸口に
なってくれたらいいな。

b0107891_5593529.jpg
スタンドにいると、7歳くらいの男の子がやってきてダリアのお花を
プレゼントしてくれました。
リヨンまで持って帰れなかったのが残念。

b0107891_60041.jpg
色々と私の滞在中、気遣いをして下さった図書館員さんたち。
(彼女2人はブックサロンのイベントでずっと漫画のコスプレを。)
みんな本当に良い方達でした。

今年は3月ぐらいから色んな地方のブックサロンに出かけているんですが、
自分を見つめ直して思うのは、私のフランス生活は本当に「絵本」が軸になって
まわっているなあ、という事。
好きなことを仕事にできる事って、幸せな事ですよね。
「絵本」から色んな刺激や経験、エネルギーをもらって、
「絵本」が私にたくさんの方と出会いを運んでくれていて。
絵本がやりたくてフランスに来て、10年たった今でも気持ちとか志みたいなものは
変わってなくて。
ほんとに絵本が大好き、なんだなと思います。
[PR]
by colargol | 2010-10-24 06:04 | ワークショップ | Comments(0)

b0107891_19193215.jpg
濃紺にオレンジ×ブラウン×橙色のコンビネーションがポップな印象の、
70年代頃のヴィンテージスカーフ更新しました。裏表プリントで、片面はお花、もう片面はネコちゃんのシルエットです。

SHOPへgo↓
b0107891_19195887.gif

[PR]
by colargol | 2010-10-22 19:21 | アンティーク雑貨 | Comments(0)

秋のいろ、色。

パリ北部、ピカルディー地方のワークショップから先日帰ってきました。
帰って来るやいなや、喉の痛み。
ヤバイな。。。思った事が的中、またまた風邪を引いてしまいました。
ハア〜、ピカルディー風邪。咳がとまりません。
●のせい、だなんて思いたく無いけど、年々免疫力がなくなってきてるような。
毛布にくるまってしばらくボ〜っとしていたい気分だけど、
イラストの締め切りも迫ってきていてそんな事言ってられず、
なんとか体おこして机にかじりついてます。

リヨンもここ最近曇り空が続いていて。さ、、、寒い〜。
11月に入るまでは節約のために暖房は我慢!と思っていたのだけど、
ボリスが「ほら〜、僕の手触ってみてよ〜、こんなに冷たくなってる〜!」
と「暖房」の文字を背中に背負って(しつこく、笑)懇願してくるのと、
自身の風邪もあって今日、ついに暖房解禁です。
暖房ガスメーターがくるくる回転してます。
主婦としては家計が気になるとこだけど、手が冷たいと絵もうまく描けないわけで。

秋を通り越して急に冬に突入したようなお天気ですが、
先週とても気持ち良く晴れた日があって、今ぞとばかり公園に行ってきました。

b0107891_5503477.jpg
もうすぐハローウィン、だから大きなカボチャがごろごろとデコレーションされてました。
デコレーション、というかドカドカ置いただけ、みたいな適当なものでしたけどね。

b0107891_551457.jpg


b0107891_551589.jpg
池の真ん中に島があるんですが(戦争で亡くなった兵士の名前が刻まれた石碑があります)、
この時は地下通路の扉が開いていて、階段を下りて島まで行けるようになってました。

b0107891_5523560.jpg
色のグラデーションの綺麗さにハッとさせられます。

フランスの短い秋の景色を楽しみながら、公園をぐるりと一周。
さてと、衣替えしなきゃなあ。
[PR]
by colargol | 2010-10-20 06:00 | フランス生活 | Comments(4)

愛しのコラルゴル

以前にも一度話しましたが、70年、フランスでテレビのパペットアニメとして
子供達に人気だったクマのキャラクター、Colargol(コラルゴル)くん。
このブログの私のニックネームはそう、このクマちゃんの名前なんです。
b0107891_662865.jpg

チャイナヘアーがなんとも可愛いじゃないですか〜♥。
ブルーの首巻きリボンしていてなかなかおしゃれさんです。
日本でも1979年に「コラルの探検」というタイトルで日仏合同企画でテレビ放映
されていたみたいで、ちょっと画像荒いですが、こちらはオープニング?の動画↓。


当時フランスでキューブパズルやガラスコップなど色々グッズが出ていた
らしいんですが、私がずっと欲しいな~と思っていたのがソフトビニール人形。
ネットオークションでたまに見るも、高値がついてなかなか手が出せず。。。
いつか縁があるかな、、、、と気長に待つ事4年くらい?
こないだの町中の蚤の市でついに出会うことが出来ました!。
b0107891_62166.jpg

売っていたのはセミプロのようなムッシュー。
彼のスタンドで、ある違うものをお買い物してその場を
足し去ろうとした時にふと目に入ったんです。
(ああ、見落とさなくてよかった~。)
私にとってはありがたい事に、ムッシューはこのクマちゃんが高値で
取引されている事などつゆ知らず、タダ同然の値段を提示。
状態も良くって、お腹のなき笛もちゃんと機能します。
この日はたくさん買付けをしてリュックがかなり重かったのだけど、
コラルゴルとの出会いがあってルンルン足♩。

b0107891_621820.jpg
同じ蚤の市で見つけた50年代の水玉のピッチャーと一緒に暖炉の上に置いてみました。
嬉しくて可愛くて、目がにやけてちゃってしょうがないです。

同じ年代のパペットアニメ「Manege enchante(魔法のメリーゴーランド)」が
2003年くらいに3Dバージョンでリメークされたけれど、
コラルグルはこのままアナログのままでいて欲しい。。。!
、、、って出る話はまだ聞かないですけどね。
コラルゴルのDVD化を切に願うファンの1人です。
[PR]
by colargol | 2010-10-13 06:13 | アンティーク雑貨 | Comments(4)

b0107891_4111133.jpg
10月15日、新刊絵本「HAIKU, mon nounours」がフランスの
Editions Liroli(リロリ出版) から刊行されます。
数日前に編集者のイザベルさんから電話があって、
「製本された絵本が届いたところよ~!」との一報があったところです。
紙質や印刷具合も上出来らしく、とても満足されている様子。

b0107891_412792.jpg
この笑顔から伝わってきますね~^^。
ああ、私も早く実物が見たい!。

b0107891_4163971.jpg
表紙を見て気づかれたと思いますが、この絵本、なんと日本語付きなんですよ〜(^0^)/。
女の子が自分の大好きなクマのぬいぐるみに語りかけるようなお話が
俳句のように短文で綴られています。
絵は、フォトショップでシンプルに描きました。
フランス語タイトルを直訳すると「俳句、わたしのクマちゃん」だけど、
「はいく」と「くま」を掛け合わせて、まるでキャラクターの名前みたいに
「はいくま」なんてどうでしょう?と私が提案したらこの案が採用されました。
ちょっと変テコでもあるけど、覚えやすくていい。。。と思いません?。

著者はGilles Bruletさんというフランス人の作家さんで、制作時から
「テキスト内に日本語も入れたい」というイザベルさんからの申し出がありました。
テキストを訳して下さったのは彼女のお友達の日本人男性の方。
私の絵本のなかで日本語も挿入された絵本なんて初めてで、何だかとても新鮮な感じです。
そしてこの絵本はリロリ出版が初めて出す絵本。
フランスでは俳句が結構ポピュラー(だと思う)なので、子供だけじゃなく、
俳句好きな大人のフランス人の方にも楽しんでもらえるでしょうか。

来週6日〜10日までの5日間、リヨンで俳句のイベントが開催されるみたいで、
7日にイベントのひとつがリヨンにある日仏文化交流センター
『エスパス ・ リヨン - ジャポン』で行われます。
イザベルさんも来られるみたいで、そこで初対面。
出来立てホヤホヤの絵本も持参してくださるそうで、楽しみです♩。
絵本を入手したらまたホームページでご紹介しますね。
ご購入希望の方は私からお届けします。

16日は、この絵本をひっさげてClermont de l'Oiseというパリから少し北部にあるブックサロンに
サイン会にでかけてきます。皆さんに楽しいレポートができますように。。!
[PR]
by colargol | 2010-10-04 04:26 | 絵本のお仕事 | Comments(5)

b0107891_19225.jpg
以前ご紹介させて頂いたMeliita社の陶器製ヴィンテージカップ、再入荷しました!。

レトロ可愛いモチーフがとても可愛いです♥。
カケ、ヒビもなく綺麗。裏に「Meliita Germany」の刻印あり。
2個セットでお届けします。
↓SHOPを見る
b0107891_192423.gif

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2010-10-03 01:10 | アンティーク雑貨 | Comments(0)

b0107891_465487.jpg

ぽってりした形のアンティークのドール用パニエ更新しました。
籐そのままのナテュラルなお色。
箱女の私は、こうゆうのを見るとすぐに中に何かいれたくなるのですが(詰め女?笑)、
このパニエは丁寧に編まれていて飾るだけでも可愛いですし、
もちろんハンカチやリボンなど、こまごました小さなものを入れて活用してもよさそうです。
ドール用パニエは残っているものが少ない上、人気のためなかなか見つけにくくなっています。
状態もグッドですよ。
ロゴクリックでSHOPへgo!↓
b0107891_49538.gif

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by colargol | 2010-10-01 04:10 | アンティーク雑貨 | Comments(2)