<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大晦日〜Reveillon〜

大晦日、1年の締めくくり。
今年は、渡仏して以来初めてのお引っ越し、初めて話/絵の両方を担当した絵本の出版、初めてのノルマンディーへの出張、初めてのラジオ収録。。。等々、初めての事がたくさんあったように思います。色んな所で出会ったすべての方との出会い/再会に感謝して、来年もドキドキワクワクするような事がたくさんやってくる事を祈りながら、新年を迎えたいと思います!。

今年最後のブログは新入りさんたちのご紹介でも。。。
b0107891_647829.jpg
先週の蚤の市で出会ったダックスのワンちゃん。目がプラスチック製でそんなに古いものではありませんが、形が綺麗で作りがとてもしっかり出来ているのでお持ち帰りしました。ドイツのシュタイフ社製かな?、と思ったのですが、シュタイフ社のダックスとはまた様子が違うのでそれに似せたものかもしれません。何者だとしても可愛いのでお気に入りです。長さは30cmくらい。実家で飼っているダックスにそっくりなので、名前はモモちゃんにしようと思います。

ベアは1920~25年の間に作られたもの。ミッフィーみたいなつむじ口でキョトンとした表情をしています。この時代は靴に使われていたブーツボタンがよくぬいぐるみの目に使用されていたみたいですね。ガラスの目もまたいいけれど、ブーツボタンも素朴な感じがして素敵です。来年もぬいぐるみを収集してしまうのかな、私?。

それでは、皆様にとって、2009年が健康で幸多きものになりますように。。!
来年もマイペースに綴っていこうと思います。
どうぞ宜しくお願いします~!。
[PR]
by colargol | 2008-12-31 06:50 | フランス生活 | Comments(2)

今年最後の出会い

今年最後の出会いになった。。。。。絵本2冊。
上が表紙、下が中の1ページです。
「Smanissene」という絵本は先週の蚤の市で購入。ノルウェーの絵本で、おそらく60年代はじめのもの。Elsa Beskowさんという方のイラストで、この方の絵本が他にも3冊あったのだけど、この「Smanissene」が一番絵が可愛いかった、で1冊だけゲットしました。森でキノコ帽子をかぶった子供達が出てくるというだけで、もう乙女度100%、ツボです~。
b0107891_3513717.jpg

カラーページの隣にもモノクロの線画が描かれていたり、小さな装飾がほどこされていたり、と挿画の構成も凝っています。ノルウェーの絵本を手にするのはこれが初めて。こんな可愛い絵本があるなら、他にも探したくなります。

こちらは、今日、古本屋で見つけたKaroly Reichさんイラストの絵本「des mots pour les animaux」。普段よく前を通る古本屋さんなんですけど、今日何だか気になったんですよ、「入らなきゃ」という気がして。この絵本が呼んでたみたいです~。
b0107891_3512332.jpg
Karoly さんは確かチェコのイラストレーターさんで、この方の絵本はこれで3冊目のコレクション。特に集めているわけではないんですけど、自然に集まっちゃいました。子供の絵のような、素朴でカラフルなイラストに惹き付けられます。
[PR]
by colargol | 2008-12-30 03:53 | Comments(2)

Noelパーティー2009

クリスマスは友人宅に招待されて、彼のご両親やご兄弟が集まるアットホームなファミリーパーティーに参加させて頂きました。
b0107891_34666.jpg
子供達が到着する前にプレゼントをモミの木の下に用意して。。。ミカンのおまけもいいですね~。あ、つまみ食いしようとしてるコが。。。
みんなが集まると円になって、*Petit Papa Noel*という、フランスではクリスマスの定番らしいこの歌を歌います。おばあさまがギターを担当。ここのご家族、みんな楽器が出来たりと音楽ファミリーなのです。ギターを弾くおばあさまがいるなんて、かっこいいですよね~。子供達はプレゼントをもらって大はしゃぎ。私もなんちゃってサンタさんになってみたり。
久しぶりに巻き寿司を作って持っていったのですが、みんな興味津々で「おいしい♩」と言ってくださり5本の巻きはあっという間になくなりました。(のりが苦手なフランス人もいるので、内心ちょっぴり心配だったのです。)子供さん達も食べてくれましたよ~。

b0107891_3462990.jpg
手作りのチョコレートケーキをはじめ、お家の手料理がどんどん出て来て、この日は1日中ずっと食べていたような。。。満腹。これまた手作りの名前カードも可愛い♥。フランスでは25日は祝日。これを知らなかった渡仏当初、25日に一人旅に出かけた私は、どこもお店が閉まったガランとした町を、ずっとクエスチョンマークを抱えながらふらついた、という思い出があります。忙しそうに開いていたのはケーキ屋さんくらいでしたねー、ハハ。クリスマスをはさんだご旅行をなさる方はちょっとご注意下さいね。
[PR]
by colargol | 2008-12-30 03:49 | フランス生活 | Comments(2)

Joyeux Noel!!

笑顔のカウント、涙のカウント、2つを足せば100以上超えるくらい
色々あった今年1年を振り返り、来年はもっと良い年になる事に祈りながら。。。。
b0107891_22285482.gif
メリークリスマス!!。
[PR]
by colargol | 2008-12-24 22:30 | フランス生活 | Comments(7)

フランスのファンシー雑貨会社La Marelle en papierから、色鉛筆12色セットが完成しました。裏にもイラストがあります。ケースが厚めのボール紙にくるまれているのですが、このイラストがお洒落でパリっぽいですね。
パリのLe Bon Marche(ル・ボン・マルシェ)の文具売り場や、その他フランスの文具屋さんなどで販売中です。
b0107891_19123936.jpg
La Marelleの予算の関係で製造まで1年、、、う〜ん、待ったなあ〜。でも無事出てよかった!。製造は中国、なのでMade in China。今、中国製じゃないものを見つけるほうが難しいんじゃないでしょうか?。私の手元にいくつかあるものをお届けできますので、ご購入希望の方がいらっしゃいましたら、質問などでも結構ですので、お気軽にメール下さい。
[PR]
by colargol | 2008-12-23 19:24 | イラストのお仕事 | Comments(3)

b0107891_19591516.gif

フランス蚤の市雑貨Biscotte 、12月25日のクリスマスより年末セールを開始いたします!。商品すべて、カタログ記載価格より20%OFFにさせて頂きます。(すでにセールになっているものも含め)。ぜひ御利用くださいませ~。
(*ご注文頂いた後に割引き価格をお知らせいたします。送料は変わりませんのでご了承下さい。)
[PR]
by colargol | 2008-12-22 20:10 | アンティーク雑貨 | Comments(0)

今年も残りちょっと

12月も半ばに入って、クリスマスはもう来週ですね。
すぐにでも日本に帰ってのんびりしたい気持ちでいっぱいですが、今すべてを捨てて帰ると自爆行為になるのでここはグッと我慢!して、来年までお仕事のシワ寄せがいかないよう、サクサクと頑張ろうと思ってます。

そしてこの昼と夜のひっくり返った不規則な生活をなんとかしなければ。。。生活習慣って、一度固定されてしまうと改善するの、なかなか難しいんですよね。
夜寝るのが遅いと夜食に手が出て、結果太る。。。という事になり、最近身体が重く感じるのは運動不足もあるだろうけど、夜食のせいで太ったからかもしれません。
体重計にのるのが怖くて避けてますが。

日当りの悪いお部屋で、せめて絵を描く時くらいは自然光が欲しい!と思い、
テーブルの位置を変えてみました。窓辺にピタリ、と。
確かに光は(微妙に)多くは当たるようになったものの、立て付けの悪い古い窓の下からヒューヒューと入ってくるすきま風をもろに感じるようになり、結果はよし悪しかも。窓部の好きなプンムは「やった!」とばかりよくテーブルの上に上がってくるようになりましたが、おかげでアンティークのテーブルが爪キズだらけに〜。。。泣。
神経質になるつもりはないんですけどね、だんだん目立ってきたし、とりあえずはハンカチを引き出しに挟んで対処。
b0107891_11292424.jpg
君は一体、何を考えているのだね〜?
[PR]
by colargol | 2008-12-18 11:29 | フランス生活 | Comments(4)

12月6日から8日の4日間、リヨンで開催された毎年恒例のFete de la lumiere。この祭典の由来は、かつての昔、猛威をふるっていた疫病のペストがリヨンに入る込むことなく止まり、リヨンの人々がマリア様のおかげ、と感謝の意をこめて窓辺にろうそくを灯した事から始まったようです。
私は7日にふらっと町に出かけてみましたが、去年よりも寒さはまだましで(今はとっても寒いけど。。)特に凍える事も待ち歩きできました♩。
さあ、橋を渡って市内へ~。
b0107891_254336.jpg

b0107891_255982.jpg
テロー広場のライトアップ。しばらくすると建物をスクリーンに音と映像を交えた光のスペクタクルが始まりました。
b0107891_2554816.jpg
ベタリ、ベタリと建物をカラフルニ塗りつぶす巨大な手。
b0107891_2572760.jpg

b0107891_25801.jpg

b0107891_2582789.jpg
ジャコバン広場では、宙に魚がプカリ、プカリ。
b0107891_259649.jpg
旧市街に戻ってきました。普段は荘厳なサン・ジャン教会も祭典中はこのとおり!。(↓下の日記の写真と見比べてみて下さい。)ディズニーランドの夜のパレードに来たみたい。。。花火はあがりませんけどね。

と、今年もたくさんの人で賑わった光の祭典でした♩。
これが終わればもう町はクリスマスムード一色。冬のバカンスももうすぐです。
(といってもフリーの私には関係ないけど。。。泣。)
[PR]
by colargol | 2008-12-13 03:03 | フランス生活 | Comments(1)

リヨン旧市街

新しいアパート生活、4カ月目に突入です。
電話、ネットが通じるのに2カ月かかりましたが、アパートの空気にも
肌が馴染んできたかな?。今日はアパート周辺を少し書いてみようと思います。
大きな古い木製扉を開けて外にでると、、、
b0107891_5192061.jpg
、、、大きな階段がすぐ左手に見えます。これを登っていくと丘の上のフルビエール教会に辿り着くのですが、階段がこの先にもずっと続くので体力のあるときでないと結構キツイ!です。「DZ」と書かれている看板のお店は、去年まではワンちゃんのいるアンティークショップでした。

b0107891_5201476.jpg
右のほうに少し歩くと四角い広場。カフェにバー、マカロン専門店や中華レストラン、ポストカード屋、おみやげ屋、と色々お店が軒を連ねています。
週末は音楽隊の演奏とか時々イベントらしきものもやってますね。

b0107891_521910.jpg
サン・ジャン教会のほうへ歩いていくと、リヨンの郷土料理、ブションが楽しめるレストランがたくさん集まっているところが。カエルもここで食べられますよ~。

b0107891_5214640.jpg
リヨンというと、ギニョール人形。パン屋さんの壁にもギニョールのステンドグラス。

b0107891_522715.jpg
サン・ジャン教会前の広場に出て来ました。年に1度、中世の再現祭りや陶器市、アンティーク市などがここで立ちます。丘の上のほうにチラリと見えるのがフルビエール教会。マリア様に感謝の気持ちをお祈りするために建てられたので、年末になると『MERCI MARIA(ありがとう、マリア様)』の文字電光が灯ります。

b0107891_524469.jpg
サン・ジャン教会。

b0107891_5242279.jpg
旧市街を歩いていると、扉の上にあしらわれた色んなモチーフのデコレーションをよく見かけます。私のお気に入りはこちら、リスと天使。天使は何かの楽器を弾いているみたいですね。素敵。。。ここだけ外して持って帰りたい~、なんて思っちゃいました。

先週の4日間、リヨンでは光の祭典が行われていました。
とっても綺麗だったので次回書きますね!
[PR]
by colargol | 2008-12-11 05:25 | フランス生活 | Comments(3)

春以来ぶりのパリに行ってきました。
TGVから降りるとあいにくの雨、しかも、さ、、、寒〜い!。
1日しかない事もあって、とりあえず足早にメトロに乗り込み、フランス国立図書館に向かいました。ここでやってる児童書展(2008年10月14日~2009年4月11日まで)がどうしても見たかったんです~。
昼1時の開館前からすごい行列ができていてビックリ!。(若い学生さん達が席取りにくるせいでしょうか?。)図書館に入るのに並ぶなんて想像外だったけど、とにかく、入りましたよ~。ここに来るのは初めて。大きい~。
b0107891_2342612.jpg
展示会は、「Babar, Harry potter et Cie -Livres d'enfant d'hier et d'aujourd'hui」というもので、昔から現在の絵本を展示、紹介したもの。赤ちゃんから年齢別に選別され、原画も時々交えて紹介されてました。年表で見ると、絵本は1600年代中頃から存在していたみたいですね~。当時作られた絵本のキャラのぬいぐるみなんかもあって、結構面白かったです。
b0107891_2353199.jpg

b0107891_2355094.jpg

b0107891_236669.jpg

↑フランスで人気のシリーズ絵本、キャロリーヌの原画は2枚展示されてました。
細部までほんとに細かくて、至近距離で魅入ってしまいました。
左はゾウさんのババールの原画と1930年代に作られたぬいぐるみ。ミッキーマウスみたいな黒いぬいぐるみは「MICHKA」というクマの絵本のキャラ。この絵本、可愛くって大好きなんですよね~。ぬいぐるみも時を経ていい味だしてます。60年代にテレビで放送されていたクレイアニメ「ChapiChapo」の映像が部屋の1隅で放送されていました。グラフィカルな、不思議な魅力のあるアニメです。

私が何より感動したのは、大好きなロシア人作家Natalie Parainの絵本の原画(1枚だけだったけど)が見れた事、そして星の王子さまの鉛筆画↓が見れた事でした!。
b0107891_236247.jpg

これだけでも、展示会に足を運んでよかったです〜。ホームページでも一部の絵本が紹介されているのでよかったら見てみて下さい。(下の方の”Livres a feuillter”をクリック。)

さてさて、サイン会の時間に遅れるべからず再びメトロへ。
1年ぶりのブックサロンです。暑い~~!。暖房効き過ぎだわ。。。
b0107891_2371358.jpg

会場でイラストレーター友人何人かに会い、15時半から1時間半ほど、Gallimard社のブースでサイン会をさせて頂きました。Gallimard社から出版されたミキちゃん、おばけくん、新刊のキツネくんの絵本の3つがテーブルに並んでいました。
サイン会はやっぱり、絵本を買ってくださる方とお話できたり、喜んで頂けたり、時に励ましの言葉をもらったりと、一瞬の出会いではあるけれど、そうゆう生の時間が楽しいです。サイン会の後はSarbacane社さんとの絵本の打ち合わせに向かいました。
VIPルームでディレクターさんも一緒に打ち合わせ。(ちょっと緊張。。。)
現段階の下絵に、色々的確なアドバイスを頂いてとても参考になりました。
これからもっと練らねば~!。いい絵本にしたいです。

今回のパリで出会ったアンティークのクマちゃん、お持ち帰り〜。
1920~30年代頃のもので、小さめサイズが可愛いです。
また来年ね~、パリ!。
b0107891_2373127.jpg

[PR]
by colargol | 2008-12-06 03:00 | 絵本のお仕事 | Comments(3)