<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Lilouちゃん絵本の下絵がなんとか出来上がりました。
先方さんにも喜んで頂けたみたいでまずはホッ。明日には修正が入りますが
ベースとしてはひとまずオーケーで、どんでん返し〜なんていう事はなさそう。
まだ電話が繋がらないので、何かと不便で先方さんにもご迷惑かけちゃってますが。。。

もうそろそろ10月のプランを頭に描いています。
ノルマンディー地方のサン・ローという町の図書館が日本をテーマにしたイベントをするというご縁で、4日から2週間、「Le petit monde de MIKI」の版画絵本の展示会をさせて頂きます。その地方の図書館や小学校で、子供たちとアトリエをして欲しいというご依頼も頂いたので3日間ほど行ってきます〜。イベントの広告用イラストも描かせて頂いたので、それがどんな風になってるのか見るもの楽しみです。ノルマンディー地方なんて、5年前に旅行に出かけた以来。お仕事だけど、嬉しいお出かけかな。

帰ってきてからものんびりする間はなさそうで、Lilouちゃん絵本の仕上げ、別の童謡絵本の下絵の提出、俳句絵本のイラスト提出と、と私が一番恐れる締め切りがわんさかやってきます。また来月からAlex Couseauさんという作家さんとのコラボレーション絵本の制作を始めるのですが、これはずっと一緒にお仕事をしたいなーと思っていた出版社さんとの初仕事なのでちょっぴり興奮、緊張してます。Alex Couseauさんからはすでにストーリーを頂いているのですが、このストーリーを書かれた理由というか、ちょっと心打たれるエピソードがあったりするんですよ。この事はまた後々にここで書きますね。

とりあえず、明日は展示会用の額を買いにIKEAに行ってきます!。
早く風邪なおってくれないかなあ。。。、
季節の変わり目、みなさんも体調にお気をつけ下さいね。

b0107891_515658.jpg
友達から引っ越し祝いで頂いたバニラの香りのキャンドルとキャンドルホルダー。こっくりした飴色と優しい光に癒されてます。。。
[PR]
by colargol | 2008-09-23 05:28 | 絵本のお仕事 | Comments(7)

Le chien ~アンティーク犬~

アンティークのぬいぐるみがだんだん集まりかけているような。。。
しかも、どうやら「イヌ」に縁があるようです。
今朝、蚤の市でお持ち帰りしてしまった1匹は、ローラー付きのワンちゃん。お腹の下に[Made in England]のチケットが。イギリスからやってきた子です。
b0107891_130198.jpg
けっこう大きいもので、子供が乗って遊んでいたんでしょうね(足をかける木板が付いています)、頭と背中の毛がハゲちゃってありません。それぐらいは気にならないんですけど、鼻と口部分の糸がほとんど無くなっていたので、お家に帰ってオペレーションしました。元は黒い糸だったようですが、私バージョンは目の色に合わせて茶色に。デッドストックだった、ちょうどいい色と太さのヴィンテージの糸(これもその日に遭遇。「これで縫え」と誰かが私に囁いていたのでしょう)でぎゅっぎゅっと縫い付け、首には水玉模様のリボンをキュッと結んで完成〜。

もう一匹は、同じ日に近所でやっていた大きな規模のフリマで出会ったワンちゃん。何となく「イッテツ」とか「ゲンタ」なんていう日本の名前をつけたいような。。。
b0107891_130357.jpg
黒いつぶらな瞳が一途な感じ。歌舞伎役者並みに曲がった「ヘ」の字の口もキャラ出てますねー。こちらもアンティークですが、一般の方の出店だったので格安で手に入りました。見つけた時はとっても汚れていたのだけど、歯ブラシを使って洗剤で洗うとすっかり綺麗な白犬に♩。(洗う前はドキドキでしたが。。。)2匹とも中は藁がつめられています。古いものかどうかを確かめるのは、まず中が藁かどうかを調べるのもひとつの目安かも。でも、もちろん大事なのは藁詰めかどうかじゃなく、可愛さですけどね。

アンティークのぬいぐるみ、特にコレクターがいるテディーベアなんかは目や耳が取れていたとしてもたいがいお値段高くて手が出ないんですけど、ふと幸運がやってきてお手頃価格で手に入る事もあったりして、こうゆう日は一日ハッピーです♥。
でも、ぬいぐるみ。。。うーん、どこかで歯止めをかけないとヤバいような気が。一匹来たらまた一匹、なんて感じでいつか部屋はぬいぐるみだらけに?!。

話変わりますが、「犬と私の10の約束」(だったかな?)観たいです〜。
「グ〜グ〜だって猫である」も気になってます。
[PR]
by colargol | 2008-09-22 01:32 | アンティーク雑貨 | Comments(4)

歩いて、食べて

先週の木曜日、フランス人ご夫婦にお昼を呼ばれてお出かけしてきました。
b0107891_1182073.jpg
丘のてっぺんまで坂道を歩いてトコトコ。だんだんリヨンの赤い屋根の町並みが下に見下ろせるようになってきて、そんな風景を見ながら深呼吸。
空ってこんなに広いんだー、と思えるような場所にくると胸がスッとします。
だから私は海が好きなんだろうなあ、きっと。リヨンの、建物でひしめき合った景色も、遠目に見ると薄いブルーに霞がかって見えて、一瞬海を想像しました。
b0107891_1184661.jpg
そして公園の中を入った途端、パッと目を惹いたアゲハ?蝶。蝶々をみたのは久しぶりで、とっても綺麗だったので、お花からお花へ飛んでいくのをしばらくじーっと目で追いかけて。

土曜日はお昼、お友達を呼んでお家でちょっとしたワッフルパーティー。
大家さんがいない時は自由に使っていいお部屋があって、そこが広いので(しかもアンティークの家具なんかが似合う素敵なお部屋なんです)部屋の真ん中にどーっんと大きなテーブルを置いて7人で囲みました。それでもまだ人を呼べる広さ。前のアパートは3人来たらもう「きゅうきゅう」状態でした。日当りが悪くなった事など色々マイナス面もあるけど、前には出来なかった事、ひとつはこうやってお友達をたくさん呼んだりする事なんかをここに住んでいる間はたくさん楽しみたいなあ!。
さて、ワッフル。ワッフルの型の機械に生地を流し込んでジュ〜、と焼いて。
裏表がこんがり焼き上がったらポンっと取り出します。1回に2枚。
とても簡単で便利だし、焼きたてホヤホヤがおいしい!。
知り合いの方から頂いた3種類の手作りジャムやヌテラ(ナッツの入ったチョコレート)なんかを塗って食べました。
ワッフルもいいけど、今、たこ焼きを焼く鉄板が欲しかったりして。
小さかった時は親がお家でたこ焼きを山ほど作って近所におすそ分けなんてしてました。ファミリーで楽しめる楽しいイベントだったなあ、懐かしい〜。
今もそんな家庭あるのかな?。
次、大阪帰ったら持ち運びできるたこ焼き用鉄板を買うゾ〜!。
[PR]
by colargol | 2008-09-22 01:20 | フランス生活 | Comments(4)

秋模様

こないだの雨模様が過ぎ去って、少し肌寒くなりました。
町行く人たちはもうすっかり秋のコーディネート。
私も出かける時は上着をはおるようになりました。
アパートが中庭のような造りの1階(日本でいう2階ですね)にあるので、
日が差さず、よけいに寒い感じです。
アパートを出てお日様がサンサンとしている時にはアパートの薄暗さを実感
してなんだか悲しくなったりして。。。
b0107891_732371.jpg
でも、窓から見えるこの建物の感じは結構好きだったりします。
廊下が広いのっていいですね〜。石造りの廊下なんですが、これ、よく見ると貝殻がたくさん埋め込まれているんです。埋め込まれて、というか、もともと海辺にあった岩石を持ち運んで来て建物に取り入れたもののような気がします。
さすが17世紀の建物!。気がついた時はちょっとびっくりでした。
。その写真も次回アップしますね。
[PR]
by colargol | 2008-09-18 07:46 | フランス生活 | Comments(3)

Lilouちゃんの絵本

今、アソシエーションからの依頼で、「Ou es-tu, Maman, que fais-tu, Maman?」(ママ、どこにいるの?ママ、何してるの?)という絵本の制作に取りかかっていす。Lilouちゃんという主人公の女の子のお話が2話挿入された、40ページほどの絵本。目の不自由な子供たちのために、お話を物語るCDがついていたり、点字のように触ってお話を理解できる別本みたいなのも付いています。
今月から初めて、来月の終わりにはもう完成イラストを提出しないといけません。また別のお仕事も始めないといけないし。。。うーん、バタバタだ。

b0107891_184445.jpg
区切られたテキストごとに、一番いいシーンや構図を想像してスケッチブックに描き描き。先方さんからは「読者がページをめくって飽きないようなリズム感のある構図構成を」とのご希望。
こうかな〜、ああかな〜、と色々アイデアを描いていくと、どんどん紙が減ってきたので、新しいスケッチブックを買い求めに久しぶりに画材やさんへ。
やった〜、スケッチブックが新学期(フランスでは9月が新学期)セールで
安くなってる〜!。一番大きいA3サイズをよいこらしょっと脇にかかえて
お持ち帰り。
まっさらな新しいスケッチブックを目の前にすると、何だか気が引き締まります。さて、サザンを聞きながらまた描くゾ〜。
[PR]
by colargol | 2008-09-10 18:09 | 絵本のお仕事 | Comments(4)

お引っ越し

新しいアパートに移って1週間が経ちました。
神経がここしばらく高ぶっていたからか、早朝に目が覚めてしまって、
まだ暗いうちからガサゴソ活動したり。
おかげで?最初ダンボールの山積みで何が何だか分からなかったお部屋も
それなりに片付いて落ち着いた、、、かな?。
でもまだ電話もネットも繋がらない状態で、メールでやりとりのお仕事
がほとんどなので結構不便です。早く繋がっておくれ~、祈。
最近蚤の市で出会ったアンティークのワンちゃん。
b0107891_1373359.jpg
恐竜、それかカンガルーみたいなポーズが面白いです。
(汚れてうす汚いんですけどね、愛嬌あるんですよ。
ガラスの目と同じ色の、茶色のリボンを首にかけてあげました。)
彼は定位置につけてホッとしているようです。

でも、引っ越しって本当に大変ですね。あまり荷物を持たないで、
フラッと気分転換する、みたいに場所移動出来る身軽な生活のほうがいいかも。。。
と自分の溢れた本やら雑貨の山を見て思ったのでした。
でもどれも大事なもので捨てられないんですよね〜。。。
貧乏性だなあ、きっと。
界隈(旧市街)の事をいうと、アパートの近くにおいしいパン屋さんを見つけました。
近所においしいパン屋さんがあるというだけでも幸せな気分。
今朝、サンジャン教会の前でやっていた朝市マルシェで買ったBioのパンも
おいしかったです。

偶然にも、お引っ越しの日は8年前にフランスにやってきた日と同じでした。
8年という歳月がくるりと回って、新しい場所、新しい環境でまたスタート。
フランス(リヨン)生活も9年目に突入です。
[PR]
by colargol | 2008-09-05 01:37 | フランス生活 | Comments(6)