<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅雨の日本へ

日本に帰る準備をボソボソと始めています。
明日はちゃんとスーツケースが閉まるようにしなきゃ。。。!。
7月は日本でのんびり出来たらいいな〜なんてのんきに
構えてましたが、結局お仕事をお持ち帰りする事になっちゃいました。
でも次回の絵本作りのために新しい刺激を受けれていいかも〜。
夏に帰国するのは3年ぶり。花火大会や海、日本らしい夏の風物を
いっぱい楽しみたいと思います♪。
[PR]
by colargol | 2008-06-29 05:50 | 日本お里帰り | Comments(8)

Aix en Provenceの旅

b0107891_4573580.jpg
10年ぶりに訪れた南フランスのAix-en-Provaence(エクス・アン・プロヴァンス)。エクスと聞いて思い出すのは、青い空とラベンダー、幸運シンボルのセミ、あちこちにある素朴で可愛い小さな噴水、そしてクリエーターのお友達Mちゃん。彼女を訪ねてTGVで1時間半、リヨンではずっと曇り空だったのに、到着したら太陽がサンサン♪。南のお日さまはやっぱり陽気でした。


b0107891_458654.jpg
町の空気も雰囲気もがらりと変わって。。。だから旅は楽しいナ。
この噴水広場はエクスで一番古い広場なんだとか。
修復が始まっていたけど、このままのほうが貫禄どっぷり。


b0107891_4583542.jpg
窓から私を呼ぶのはあなた?白いヤギさん。でも、「ネコ」って書いてますが。。。


b0107891_459590.jpg
もう羽はないけれど、まだまだ元気な石造りの風車はエクスポジションの
準備で忙しいのです。


b0107891_53566.jpg
風車から見えるグリーンの景色。
何歩歩いたらあなたのとこまでたどり着けるん出しょうねえ、
サン・ビクトワールのお山さ〜ん。


b0107891_503437.jpg
もっと太陽に近付こうと南へ。大好きなコバルトグリーンの地中海〜♪。


b0107891_5241988.jpg
小さなボートや船がプ〜カリ、プ〜カリ、鉄道橋と小さな駅に見下ろされた港町。
ひと気がほとんどないのはまだバカンス前だから。
この静けさが何だか心地いい。。。


b0107891_5193585.jpg
いつか南に住みたいな、なんて夢をますます大きく膨らませてリヨンにカムバック。
マルセイユ石鹸をたくさんお持ち帰り。ああ、いい香り〜♥。
バザーや古本屋で出会った可愛い絵本やハリネズミも、これからはリヨンの住人です。
[PR]
by colargol | 2008-06-17 05:12 | フランス生活 | Comments(9)

日本からの贈り物

5月に休暇で日本に帰っていたMちゃんから素敵なプレゼントが届きました。
はるばる海を渡ってやってきた可愛い小物たち。ああ、日本の香り〜♪。
b0107891_1824657.jpg
つくしとてんとう虫の手ぬぐいに、彼女のオリジナルバッジ、だるまの
甘いお菓子、そしてお手紙。包み紙でさえもとっても日本らしくて
ひとつひとつを見ながら感激してしまいました。
Mちゃん、ありがとう〜♥。
来週は彼女に会いに、南フランスのエクス・アン・プロヴァンスに遊びに
行ってきます。日本に出発前のプチ・ヴァカンス★。
エクス・アン・プロヴァンスに行ったのはもう10年も前の事、その時
「空ってこんなに青かったんだー」と思いました。
最近お天気悪いけど、またあの限り無く青い空を見てみたいナ。。。

Mちゃんは、日本のアンティーク着物などを使って絵や小物を創作されている
アーチストさん。日本のエスプリを感じさせながらもオリジナリティーに
あふれていて、いつもワクワクさせてくれます。
ホームページはこちらからどうぞ↓。

http://www.coklico.com/
[PR]
by colargol | 2008-06-07 18:25 | フランス生活 | Comments(0)

うう、、、風邪を引いてしまいました。
ここ数週間お天気が不安定で、太陽が出たかと思えばどしゃぶりの雨。
そんな予想のつかないお天気、急に降ってきたザーザー雨の中を
濡れながら自転車を走らせたこと数回、たぶんその時に冷気に
やられてしまったのでしょう、あー、喉が痛い。。。

体調は良くないけれど、気分は♪なのです。なぜなら、、、、
新作絵本「Crouton a la recherche du vent」(クルトン、風を探しに)が
完成しました~!。フランスの出版社Gallimardとの3冊目のお仕事です。
原画は今朝パリに向けて出発、その後ページの編集作業、製版などを経て、
2008年の秋に発売されます。

去年の秋に担当の編集者さんから「お話も書いてみない?」との
お誘いがあり、今年に入ってからすぐにストーリーを考え始めていました。
何気にサラっと描いたキツネが気にいって頂き、登場するのはキツネの男の子、
とキャラクターは割りとすぐに完成。でも、ストーリーを作るのと絵を描くの
はまた別もので、しかもフランス語での記述にかなり苦戦。
私の最初の読者ボリスに見てもらうも、
「ここ、何が言いたいの?」「こんな書き方はしないよ。」
、、、とのダメ出しの連続(T_T)。
自分のフランス語力の乏しさにガクッとなりながらも、最後は作家さんでもあ
る編集者さん(心強い!)の手直しで、何とかストーリーとしてまとめあげら
れました、ホッ。
絵のほうも、ちょっと版画から離れて紙のコラージュに挑戦してみました。
「風」がテーマなので、色鉛筆との組み合わせで軽い感じに仕上がったと思います。
また次の新しい出発に向けて、今日はちらかったデスクの上をお片付け&掃除。
どっさりたまった下書きのクロッキー帳を見返してみて何だかしみじみ。。。
自由に描かせて頂いて、長い道のりだったけど楽しかったナ。
やっぱり絵本って最高です!。
b0107891_20715.jpg
↑大好きなアラン・グレさんのイラストレーターとして最初の絵本となった「Moustique et le marchand le sable」(ムスティックと砂売り)(左)と、チェコの作家、ヤン・クデュラーチェクさんの「あめとおんなのこ」(右)。最近、蚤の市で出会いました。「あめとおんなのこ」の詩的で幻想的な世界にウットリ。。。。
[PR]
by colargol | 2008-06-03 02:11 | 絵本のお仕事 | Comments(6)