カテゴリ:フランス生活( 612 )

BONNE ANNEE(ボナネ)!! 2017

明けまして おめでとうございます!!。

このブログを読んで下さっている方に感謝の気持ちを込めて、、、
今年も私が感じるなりのフランス生活をマイペースに綴っていきたいと思います。
みなさまにとって幸多き楽しい1年となりますように。。。!

本年もどうぞ宜しくお願いします。


b0107891_2441638.jpg

今年はカンガルーのように力強くピョンピョン跳ねたいナ♩
新しいことにチャレンジ〜!
[PR]
by colargol | 2017-01-01 02:47 | フランス生活 | Comments(2)

誰もいない

大きな古い洋館の石造りの出入り口でステップの練習をしていたら、
通りすがりの子供2、3人が私のやってることが気になったみたいで、
ひとり女の子が近くまで来て私のステップをジーッと不思議そうに見てきて。

その子に「ボンジュール」って言ったら「ボンジュール」って可愛く挨拶してくれたけど、走り去りながら「シノワーズ!シノワーズ!(中国人!中国人!)」って(笑)。

近くにいた親は気まずいと思ったのか、「こっちにいらっしゃい!」と。

道を歩いていて言われるのは「ニーハオ」だし、ヨーロッパの人にとって
アジア人=中国人なんだな〜。

まあ、人口がケタ外れに違うものね。。。
[PR]
by colargol | 2016-12-29 04:52 | フランス生活 | Comments(0)

これは

小さいサイズだけど、アルザスでよく見られる『クグロフ(Kougloff)』という鈴の形をしたブリオッシュ。陶器製のクグロフ用の型もこの地方でよく見かけるんですが、手描きペイントが施されていたりして可愛いものが多いです。

私が購入したのにはアーモンドとレーズンが入っていました。
(粉砂糖をふりかけたクグロフもあります。)


朝食にジャムを塗って食べたい感じ♩。


b0107891_20322338.jpg





Kougloff de l'alsace♥.
[PR]
by colargol | 2016-12-14 20:32 | フランス生活 | Comments(0)

ストラスブールの

クリスマス市から持ち帰ったお土産品。ロシアのマトリョーシュカ(モミの木の中にサンタと雪だるまが入るようになってます)と手描きの絵が可愛い小さな黒いBOX、マダガスカルで作られた空き缶?で出来た小さなミニカー。


どちらの露店も、収益は恵まれない子供たちに寄付されるようになっていました。


b0107891_20311735.jpg




Mon petit souvenir de Marche de Noel de Strasbourg.
(Le sapin est comme pouppe rousse.)
[PR]
by colargol | 2016-12-14 20:31 | フランス生活 | Comments(0)

この週末は

ネコカフェ『猫侍』へ。黒ネコのかおるちゃんに言い寄られる?幸せ♥。
ここのオーナーカップルは日本好きなのか、日本の雑貨(招き猫とか折り鶴とか)とか
雑誌「猫びより」も数冊おいてあります。
(ちなみにジブリファンなら分かるかもしれない、左端の鉄のロボットみたいなランプは「天空の城ラピュタ」に出てくる天空の城に住んでるロボットです。こんなのどこで見つけたんだろ〜?ちょっと好きかも。)


b0107891_2364121.jpg


別ここには6匹のニャンコ。みんなお昼寝したりの〜んびり。
別にストレス抱えてるわけじゃないけど、癒されたぁ〜♥

(私の顔がデレデレ(笑))


Au neko-cafe "Chamourai". Le temps du bonheur avec les chat.
[PR]
by colargol | 2016-12-04 02:38 | フランス生活 | Comments(2)

毎年の光景

近所のお花屋さんでモミの木が売り始められました。
今年もあと1カ月だな〜。

b0107891_9523148.jpg



La boutique commence a vendre des sapins...
[PR]
by colargol | 2016-11-28 09:52 | フランス生活 | Comments(0)

フランスの郵便局

今日はちょっとボヤきみたいな日記になるけれど、、、


先週ネット購入した商品が月曜日届くはずで楽しみにしていたのに、待てども届く気配がない。
夕方、郵便受けを見たら「不在通知」が。


ずっと部屋にいたのにっ!


、、、なんてことはこの国じゃ日常茶飯事だから驚きもしないけれど(怒りのみ)、
再配達しますと書かれた日にも配達はなくて、私の小包は今いずこ?!。


ハァ〜。(血圧上昇中)


無事に届けば別にいいのだけど、一番怖いのは、届け人が留守だったら
アパート内にたまたまいる住人に荷物を託してその事を届け人に知らせない配達員がいること。
一度そんなことがあってヒヤッとしたことが。
(隣人の彼氏が1週間後に私宛ての小包を持ってきてくれて発覚。)

、、、、かと思えばエレベーターのないこの6階まで息切らせながら小包を
持ってきてくれる配達員さんもいるし。


フランスは人による善し悪しの差が大きすぎッ!
[PR]
by colargol | 2016-11-23 07:00 | フランス生活 | Comments(2)

毎日のように

食べていたパンやパスタ、白米(つまり炭水化物)を極力控えて、代わりにキヌア(南米の穀物)や玄米、豆乳製品を主食にした食生活を5カ月ほどしたら体重が6キロ減ってました。

以前は1キロ減らすことさえ出来なかったからちょっとビックリ。
やっぱり炭水化物は太るって本当なのかなあ〜?
でもこれだけじゃなく、夜食をやめたことも関係あるかも。(あとフラメンコ?。)

食品もできればオーガニック食品を買うようになったり、健康と食の結びつきを色々考えるようになって。ある程度歳を重ねてきて、身の回り品も少数でもできるだけ質の良い、多少値が張っても長く大切に使えるものを選ぼうと考えるようになったり、食品についても、添加物や防腐剤のはいっていない健康に良い質の良いものを少量食べようと思うようになってきました。

体に優しい丁寧な暮らし、、、、憧れます。


糖質制限、といっても、やっぱり甘い物が食べたいときもあって。
そんな時はソーヌ川のヒゲ島のふもとのパティスリー、Jocteurへかけこみます。

b0107891_4103382.jpg


Jocteurは奥のほうに見える左側の橋のふもとにあります。
まわりは何もない結構へんぴな場所なのに、週末は人でごった返す人気店。
こないだ人の少ない平日の夕方くらいに行って、静かな雰囲気のなかでちょこっとお仕事してました。コーヒーとシューケット。おいしいです。

b0107891_4103885.jpg



前にも書いたけど、ここのチョコレートミルフィールが本当においしくて。

b0107891_4104168.jpg


こないだは季節柄、マロンのミルフィーユ(左)が出てたので旦那さんへのお土産に。
フランスは中で食べるのと持ち帰りとでは料金が違って、例えばこのミルフィールは持ち帰りは1個280円、中で食べると350円になります。日本の有名店のケーキが1個600円くらいなことを思ったらまだJocteurのケーキは安いほうですね。
前回はたっぷり盛られたカシスのタルトがとっても美味でした。


、、、って全然、糖質制限じゃありませんね(笑。
行くとついケーキを買ってしまいます。
[PR]
by colargol | 2016-11-16 04:36 | フランス生活 | Comments(2)

プロヴァンス地方の

アルルへ、友人の画家夫妻に会いに。

土曜日の朝はエリックさんとプロヴァンス一大きいといわれている朝市へ。

b0107891_2220434.jpg



b0107891_2220939.jpg



海が近いだけあって魚介類が豊富、歩いてみてるだけでも楽しい♩。


b0107891_22201253.jpg



b0107891_22201741.jpg


オレンジ色のパンみたいなのは「ティエル」という、セートという港町の特産物で中にはイカの煮物みたいなのが入っています。


b0107891_22202281.jpg


おいしそうなチーズも普通サイズで1個260円ほど。決して高くない。日本人の男性が小さなスタンドを構えていて、水菜やわさび菜、ゴーヤ、小松菜などフランスでは珍しい野菜を販売されていました。(小松菜のサービス、ありがとうございました!)




Grand marche de samedi a Arles. J'adore cette marche!!
[PR]
by colargol | 2016-10-23 22:21 | フランス生活 | Comments(0)

フランス南部の

地中海に三角形に広がるカマルグ湿原地帯のSaintes-Maries de la Mer(サント・マリー・ドゥ・ラ・メール)という小さな町へ。

ここには何回か来たことがあるのだけど、今回始めて観光客向けの可愛い汽車型の乗り物でカマルグ巡りをしました(50分800円)。

自動音声ガイドだろうと思っていたら、運転手のマダムがマイクで丁寧に見るポイントやこの地帯の歴史を説明。途中、ある場所が柵でブロックされていて「メルド!(ああ、クソッ!)」と言った声もしっかり響いてましたw。

(柵は鍵をお客さんに渡して開けてもらってました。)


b0107891_2284260.jpg



b0107891_2285630.jpg



この自然公園では白馬、野生のピンクフラミンゴ、黒牛、ほか色んな鳥が見られて塩、黒や赤い色をしたお米が栽培されてます。

b0107891_229056.jpg



b0107891_229268.jpg


すぐ側の地中海はとってもおだやか。
観光地なので、小さな可愛いお土産屋さんや、生ガキやムール貝を食べられるレストランもたくさんあり、海を見ながらふらりと散歩するには楽しいところです。車か、アルル市内から片道1ユーロ(100円ちょっと。所要時間は45分ほど)のバスが出ています。



Visite a Sanites-Maries de la Mer, Plaisir a decouvrir la beaute de Camargue.
[PR]
by colargol | 2016-10-23 22:17 | フランス生活 | Comments(0)