フェスティバルでは、、、

、、、町中あちこちにたくさんのイベント会場が設置されていました。
b0107891_2295564.jpg

その中でメイン的だった、大手出版社さんの会場と、もうひとつは割と小さめの
出版社さん/海外の出版社さんの会場。私的には後者のほうが断然面白かったです。
あまりみかけないような漫画があったり、おおっ!と思うような美しいものが
あったり、、、。大量生産ではないので、お値段的には少々お高いのですが、
こだわりを感じられるものがたくさんあって、ここではじっくり時間をかけて
色々閲覧ました。(お買い物まで。。。これらの本もまた紹介しますネ♪)

イギリスの出版社さんのブースでは、グレゴリー・ゴーリーの本が
たくさん!。そして日本だけでなく、中国、韓国の漫画もたくさん見かけました。

会場のお客さんは70%〜80%が男性、サイン会されてる漫画家さんも
ほとんどが男性と、何だか男臭かったですが、また絵本のブックサロンとは
がらりと雰囲気が違って面白かったです。
写真左下のオレンジのTシャツを着た人は、会場でサイン会をしていた
美術学校の同級生、ジャウエン。
以前にこのブログで彼の漫画を紹介しましたが、今は第2弾目を執筆中とか。
順調にキャリアを積んでいるみたいで、同胞の活躍は刺激になります★。

漫画、、、。今でこそもう読まないものの、私は中学の時から漫画家になりたくて
せっせと描いては出版社に投稿していた時代がありました〜。
真っ白い原稿にスミで線引きとかトーン貼りなんてしていた時を何だか懐かしく
思い出したのでした。
といっても、フランスの漫画は一般にはすべてオールカラー。
大きさもA4サイズくらいのハードカバーなので、なかなか立派なものです。
お値段はだいたい1册平均13ユーロ(絵本もだいたいこのくらいですね)
今のレートでいうと2千円ちょっと、というところでしょうか。
日本の漫画と比べると高いですね。。。
[PR]
Commented by クワ at 2008-02-12 13:07 x
フランスに来た頃、「Pilote」という雑誌があって、絵やストリー展開が日本のマンガと全然違っていて、カルチャーショックでした。

しかし、水木しげるまで仏訳されているのですから時代は変わったのですね。
Commented by chiaki at 2008-02-12 17:16 x
>クワさん
Pilote、とおっしゃる雑誌、ボリスに聞いてみたら、
「もう存在しないけど、有名な漫画雑誌だよ」とのこと。
日本の「ジャンプ」みたいなものでしょうか。
水木しげるさんの漫画はこちらで人気みたいで、
色々みかけましたよ。あと、手塚治虫さんとか。
手塚さんは小さい時からアニメを見ていたこともあって
大好きです。
Commented by クワ at 2008-02-12 21:04 x
ttp://fr.wikipedia.org/wiki/Pilote_(journal)

昔の少年マガジン(『明日のジョー』の頃)+ ガロ + マッド、、、という感じ、でしたね。
少年マンガから風刺漫画まで、迫力がある絵が満載でした。

Tardi や Bilal がデビューしたのも、この雑誌です。
Commented by chiaki at 2008-02-13 01:08 x
>クワさん
リンクありがとうございます!。
ほお〜、結構すごい雑誌だったようですね。
ガロは名前だけ聞いた事があります。

Asterixは実写映画を見ました。漫画が映画になるのって
フランスでも結構あるんですね。
Bilalの漫画も映画になりましたし。
by colargol | 2008-02-12 02:32 | フランス生活 | Comments(4)