パリで

b0107891_2524458.jpg半年ぶりに訪れたパリ、曇りのち晴れ。
gare de lyon駅に到着すると、まずいつもお家に滞在させて頂いているマダムSさんを尋ねて彼女のオフィスへ。インターネットテレビでW杯のニュースを見ながら一緒にお昼を頂き、午後のお仕事時間が始まると私はこの日ひとつめのランデブー、belem出版社へgo!。汗をかきながら長〜い通りを歩いてやっと到着したら編集者のフランセスコがドアを開けて笑顔で迎えてくれました。


b0107891_253574.jpg


「ようこそ!ここの場所、すぐに分かった?」
「地図持ってたから大丈夫。やけどめっちゃ歩いたワ〜。ああ、熱。(←あえて大阪弁で)」
冗談好きなとても陽気な人なので(後で彼はイタリア人と判明。なるほど納得)すぐに打ち解けて冷房の効いた部屋(フランスでは珍しい)で絵本「ぼくのパンダ」の最終色校正を一緒にチェック。パンダの絵をポスターにしたいという依頼を聞いて、もちろんふたつ返事。10月にAubagneという南フランスの町で子供達とデッサンのレクリエーションを行うお話も頂きました。次回私がプレゼンしたい絵本のプロジェクトの話もしているうちにあっと言う間に1時間半が過ぎました。


b0107891_2545683.jpgbelem社のみなさんにお別れをしてから、次のランデブー、絵本と児童書の古書専門店「Dhouailly et cie」へ。ここをご主人と経営する日本人マダムK子さんと去年の12月、ブック見本市で偶然お知り合いになってから、お店にずーっと行きたかったのです。お店に到着するとお二人で忙しそうにお仕事されていました。そんな時にお邪魔して申し訳ない気もしたのですが、店内の絵本の山、山、山に興奮!。は、鼻血出そう。。。絵本はきちんとカバーが掛けられ年代別や作家別に整理。雑貨好きの私としては、本の間にチラッと飾られている可愛いアンティークの子供雑貨なんかも見逃せず、もう目が泳ぎまくり。ああ、一日ここで絵本を読み耽りたい、、、が、すでに時間は遅く。。。短い時間でしたがK子さんオススメの絵本を見せて頂いたり(ナタリーパランの貴重な絵本を手に取れて感激!)お話できてとても楽しかった〜。また次回ゆっくりお邪魔しますね、K子さん!

ヴィンテージ絵本のお好きな方は是非↓。きっとお気に入りが見つかると思います。
アラン・グレさんの絵本もたくさんありましたよ〜。
「Dhouaiily et cie (ドウアイー・エ・カンパニー)」
7, rue de Prague 75012, Paris
tel: 01.43.47.01.20
火〜金 14:00〜19:00 (予約制)


***パリ2日目****
b0107891_551674.jpg
ぐっすり眠って気分爽快、10時半に友人のYさんと会うべく待ち合わせの場所、ノートルダム寺院の前へ。彼女とは知り合ってもう6年にもなるのに、会うのは初めて。以前パリに留学して版画を学んでいた彼女のオススメのカフェ、BHV(大工道具などの大型DIY店)の地下のBrico cafeへ。いやはや、驚き、こんな所にカフェがあったなんて。地下の角っこにあるこじんまりしたカフェは、お店のスタイルらしい、昔の大工道具が昔の雰囲気で飾られた(たぶん道具類もかなり年期の入ったものでしょう)まるでタイムワープしたような所。メニューなんかよりも内装の雰囲気を味わう、そういった所。古物が好きな私は妙に落ち着いてしまい、お気に入りの場所に。Yちゃんとのおしゃべりを楽しみ、再会を約束してお別れした後、シャトレの劇場前で美術学校時代の先生、ムッシュG氏と落ち合ってブラッスリーで一緒にお昼ご飯を。
もう60才を超えているであろう(恐れ多くて実年齢は聞けません。。)彼は教師の傍らまだまだ現役で子供の絵本や漫画を描き、どちらも第一線で成功しているすごい人。考え方も前向きで、一緒にいると刺激とやる気をもらえる尊敬できる恩師です。

b0107891_6242368.jpg
彼に会って、これからも頑張らねば!という気持ちをもらった後は、ひとりセーヌ川を散策。悲しいかな、パリに来る事も数十回目になると、観光建築物やエッフェル塔なんかを見ても感動する事はなくなり、代りに私の心に飛び込んだのは川沿いに集結したペットショップ。きゃあ〜、ウサギ〜、フェレット〜、うわあー、子犬だあ〜、子猫だあ〜!!可愛いいいい〜〜〜〜〜!!!、とアホみたいに写真取りまくり。(←誰?!)

b0107891_6233587.jpg
はー、癒された〜、、、とアニマル療養を受けた後はセーヌ川を横切り、ちょこっと本屋めぐり。Josef GIbertの本屋で大好きなKitty Clowserの中古絵本を購入。
お家へ帰る前にSt-Paul駅近くの好きなパン屋さんでピスタッシュのケーキも持ち帰って帰路へ。パリ最後の夜、部屋で静かに村上春樹の「羊をめぐる冒険」を読んでいると心地よい眠気が。。。羊が一匹、羊が2匹、、、翌日朝早いナンシー行の電車に遅れるべからず10時半に就寝。

次回は3日目のナンシー旅行編を書きます。長〜い日記、読んで頂いてありがとう!!
[PR]
Commented by smon at 2006-07-12 23:39 x
とても充実してる感じで楽しそうだね。 
絵本の仕事もそうだけれど、小さな町で子供たちを一緒にデッサンをするってのが一番なんかうれしく感じがしたよ。 

次の旅行もとても楽しみです。

Commented by laymamma at 2006-07-13 04:56 x
私は手作りプレゼントがみた~い。 Jちゃんはほんとに感激してましたよ!目の前にあったのに~~~。 はあ UP待ってます!
Commented by laymama at 2006-07-13 05:00 x
あ~あ 自分の名前を間違えたよ~~。一人で羽がはえてたのでママを返上しちゃったのね。 そうそう あまりに他の動物を褒めるとブンムちゃんがやきもち焼いちゃうよ!
Commented by chiaki at 2006-07-13 05:32 x
>simonくん
うん、そうなの、レクリエーションやる事になりそうなのヨ。初めての経験だからちゃんとできるのか不安だけど、やるからには楽しみたいと思ってる。子供たちが喜んでくれる事を最優先に考えたいいな。

>laymamma
laymammaもいいと思うよ〜、笑。そうね、プレゼント次回アップするね。Jちゃんと今日電話で話ししたんだけど喜んでくれたみたいでよかった〜。また仕事が落ち着いたらチクチクやりたい♪。あのね、日曜日家に帰ったらうちに子猫がいたの!ボリボリが道で見つけてね。ちっちゃいチビクロ猫。話しが長くなりそうだからこの事も後で日記にかくね!
Commented by クワ at 2006-07-15 18:33 x
多分、短い滞在でお忙しいとは想像しておりましたが、これでは大臣並みの過密スケジュール ! 実りが多ったようで、良かったですね。
Commented by chiaki at 2006-07-16 02:15 x
>クワさん
おひさしぶりです!クワさんにもぜひ御会いしたかったのですが動きまわっている内にタイムアウト。。。次回のパリ滞在はもっとのんびりしたいと思います。
Commented by Jordan at 2007-04-05 02:21 x
nice site. for more information you can check this one http://www.vsbot.com
by colargol | 2006-07-12 06:51 | フランス生活 | Comments(7)