ソフイーとの週末

b0107891_22342422.jpg先週末、パリ郊外に住む友人ソフィーが、リヨンのお店でお裁縫クリエーションのアトリエをするためにリヨンにやって来た。彼女から電話がかかってくる。
ソフィー:「日曜日一緒に蚤の市行きたいから土曜日泊めてもらってもいいかしら?」
私:「もちろん!」
そして2人で朝早起きして蚤の市へ。ソフィーは自分のクリエーションの材料になるような可愛いボタンやレース、他にはアンティークのガラスコップなどをお買い上げ。彼女が選ぶものはどれもセンスが良い。以前は大手家具メーカーでインテリアデザインをしていたのだそう。
私は大好きなアラン・グレさんの学習絵本「L'ESPACE(宇宙)」とグレさん初期のレア絵本「Olivier construit sa maison (オリビエ、お家を建てる)」の2册を発見。

家に帰ってお互いのゲット品を見せあいっこ。(これがまた楽しい♪。私達が部屋でワイワイキャッキャ言っているのを見てボリスも刺激されたらしく、自分の古いビ−玉コレクションを見せはじめる、笑)
私:「ねえソフィー、この磁石はどうするの?」
ソフィー:「小さなマスコットを作って、その中にこの磁石入れて冷蔵庫用のマグネットにするのよ。」
彼女の頭の中にはいつもクリエーションの事がある。私も彼女に刺激されてまた何か作りたくなってきた。ブローチ?バッグ?
最近、ソフィーはネットショップで自身のクリエーションを販売し始めたので、一度覗いてみて下さい↓。カラフルで彼女らしい作品が詰まってます。

http://lerso.canalblog.com/
[PR]
Commented by aya at 2006-06-14 05:16 x
なんだか、可愛い~。
宝物の、見せっこ、してるみたいで(*^^*)
みんな、子どもにもどったみたいで(*^^*)
Commented by colargol at 2006-06-14 05:39
>ayaさん
そうそう、ほんと宝ものの見せあいっこ、こんな事子供のときしてましたねー。今でもやってる、笑。お買い物は女の子同志がやっぱり楽しいかな?
by colargol | 2006-06-13 22:42 | フランス生活 | Comments(2)