Ateliers Terreaux

b0107891_1522822.jpg今年の1月にオープンした、リヨン中心地の北側に位置するアトリエ・テロー。周りには大きな美術館、市役所、噴水、バーなどがあって活気のある界隈です。教師には友人のエリック、そしてボリスの2人。このデッサンのアトリエは現在、夏と9月の新学期に向けて生徒を募集中で、この日の夜、ディレクターのカレーヌ婦人を交えて会議と軽食があるというので私もちょこっと参加させてもらいました。アトリエでテーブルを囲んだのは、私とエリック、ボリス、アトリエ運営助手の女性2人とカレーヌ婦人の6人。おしゃれメガネをかけた50代のカレーヌ婦人はとても陽気でよく笑う方で、会議の内容はこれからのアトリエのカリキュラムや方向性、今迄の修正点など真面目な内容だったのですが、アトリエの成功を祈ってみんなで乾杯した後は、ワイン片手にチーズやアペリティフを食べながら会議は進行(さすがフランス人!)、冗談を言い合いながら終止和やかムード(会話の半分は冗談だったのではないかという気が、、、)。私が持っていったお好み焼きも好評で全部無くなってお腹いっぱいに。

夜の10時にみんな解散して、その後はエリックとボリスの3人で近くの「NARDOME」というリヨンで1、2を争うおいしいアイスクリーム屋さんへ。週末という事もあってたくさんの人が通りを行き来していました。夏の活気がひしひしと感じられるこの頃、アトリエもぜひ活気に湧いてくれたらいいな。

(写真)チーズはとろりとしたクリーミーなカマンベールチーズ。デザートのケーキはボリスのお手製。
[PR]
by colargol | 2006-05-31 01:52 | フランス生活 | Comments(0)