ガラスのトマト

b0107891_1384448.jpg旧市街の画廊から出て10歩ほど歩いた時、石畳の坂道の上からを何やらキラキラ光ながら転がってくるものが。。。私の靴に触れようとした時、思わずかがんでキャッチ。見ると、ガラスのトマトでした。ガラスのトマト?、、、誰かが落としたのかと思ってまわりを見渡しても落とし主の姿らしきものは見当たりません。上から落ちてきたとしたら、ショックで粉々になっているだろうし、、、ふと、小さい時に読んだ絵本でおむすびが芝生の上を「おむすび ころりん すっとんとん!」と転がっていくお話を思い出しました。(あの時はおむすびが転がる、というだけでおかしかったな。)トマトの出所は分りませんが、何か縁起のいいものかもしれない、と勝手に考えてお持ち帰りする事に。もともとペーパーウェイトだったようで、もう既に家で役に立ってもらっています。
夜は久々にレストランでボリスとお食事。フレンチレストランではありません。私が食べたかったのは、酢豚!!です。という事でおなじみの中華レストランへ。あー、酢豚最高〜!。そんな訳で、ガラスのトマトと酢豚の1日でした、マル○。
[PR]
by colargol | 2006-05-31 01:39 | フランス生活 | Comments(0)