画廊で

b0107891_447674.jpg週末だけ画廊で接客のお手伝いをするようになってもうすぐ一年がたとうとしている。場所は旧市街、ここは古い建造物がそのままに保存されて、ユネスコ国際世界遺産に指定された所。なので、観光客が多く、フランス以外の国からのお客もチラホラ。私の英語は中学生レベル。。。英語圏のお客の質問を何とか聞き取ってめちゃスローな英語で答える。何とか通じた時はホッ。
今日は突然、カリフォルニアから電話。オーナー宛の電話だったけど、いないと言うとメッセージを残したいとの事。イヤな予感がしたものの、一応「OK」なんて言ってみた、、、けどやっぱり何が何だか分らない。「彼女、次の月曜日にいるからその日にまたかけ直してもらえますか?」と言って回避、フー。こんな私がこの画廊の役に立っているのだろうかという疑問はあえて考えない、、、事にしよう。

古い建物に出来た石作りの画廊。よく手入れの届いた皮張りのアンティークチェアや棚があちこちに。ほ、欲しい。。。
[PR]
by colargol | 2006-05-29 04:45 | フランス生活 | Comments(0)