廊下工事

最近、住んでいるアパートの各住人の扉や手すり、廊下に存在するありとあらゆるもののペンキが塗り替えられた。(何年に出来たのかは知らないけれど、このアパートはかなり古い、、、。)色を塗っただけじゃなくて、ちゃんと傷んでいた壁もすべて張り替え、補修されて見違えるように綺麗に。以前は幽霊が出てきてもおかしくないくらい暗い印象のうす汚〜い廊下だったから(壁のシミが人の顔に見えて怖かったりした)このまともにチェンジした廊下が嬉しい。
このアパートに住んでもう6年になる。家のまわりにはどんどんマッチ箱のような近代アパートが建築されている。今度引っ越しする時は清潔でお湯の量に限りなんかない近代アパートに住みたいとも思うけど、古いアパートは天井が高かったり、窓の柵がデコレーション的で素敵だったりと、やっぱり捨て難い。

工事してくれたおじさん達に一言:お疲れさまです、そしてありがとう!。でも、うちの扉の上の壁紙がもうベロ〜ンって外れてるんだよね。。。自分で直せってこと?!

b0107891_4962.jpg

b0107891_492974.jpg
[PR]
by colargol | 2006-05-29 04:10 | フランス生活 | Comments(0)