去年

イギリスのポストカード制作会社からポストカード作成の依頼を頂いて、
今6枚を制作中なのだけど、自分がこうゆう風なイラストにしたいというイメージと
相手側、つまりクライアントさんが欲しいイラストのイメージが違う時があったりして。

こうゆう時は結構モヤモヤするのだけど、私や画家やアーチストではないのだし
クライアントの要望に応えることがイラストレーターの仕事だと基本思ってます。

だけど、クライアントさんの要望を聞きすぎて自分のスタイルがなくなってしまっては
制作していても面白くとも何ともないので、100%は納得できなくても
できるだけ自分が「好き!」と思えるイラストに限りなく近づけるようにする努力、、、


、、、をしているつもり。
うーん、商業ベース上にあるクリエーションの難しさでもあるかな。

といえど、「どうぞお好きに、ご自由に〜!」という完全お任せスタイルも
結構たじたじになってしまうのだけど(笑。

最初に、ある程度の輪郭を示して頂いて、あとは好きに私のインスピレーションに
任せてもらうのが一番やりやすい、、、かも。
とにかく、どんなお仕事でもそうだと思うけど、
制作側とクライアント側がお互いに満足できる仕事、が理想ですよね。


さてさて、シラコ鳩のココちゃん。
よく羽繕いしていて、結構いろんな羽が抜けます。
去年ストラスブールのクリスマスマルシェで見つけた、指輪が入るくらいのロシア製の小箱。


b0107891_04295754.jpg

特に何かを入れる目的で買ったのじゃなくて、ただただその小ささの可愛さと
手描きの絵(職人芸!)に惹かれて購入したのだけど、
ココちゃんの抜け羽の大きさにピッタリ!。

という事で、ココちゃんの羽入れになりました(笑。


b0107891_04300980.jpg


結構溜まってきたなあ〜

ココちゃんが飼い主さんの元に帰ったら、これを見て時々懐かしもう(笑。






[PR]
by colargol | 2017-01-28 04:35 | イラストのお仕事 | Comments(0)