フランスで

クリスマスのディナーといえばチキンを想像するけど、他にもよく食べられる定番が生牡蠣。閉じた貝のままなので殻を剥くのが一苦労なんですが今年もケースで買ってしまいました。

b0107891_1041638.jpg


でも去年、生牡蠣を食べた後に調子を悪くしたので今年は生で食べるのはやめて(ユッケとか刺身とか、もともと生ものは苦手>_<;)私の分は牡蠣フライに。それを1個食べた旦那が「牡蠣の味が全然しない。生のほうが海の香りがして断然おいしい!。」と力説。私は牡蠣フライ大好きなんですけどね。
[PR]
Commented by mon_bebe at 2014-12-26 04:01 x
Joyeux Noel,
初めましてのコメントです。
私もフランスへ来てから生牡蠣を食べる機会が多くなったものの、2回に1回は・・・になってしまうので、この2~3年食べないようにしていたのですが、今年のノエルは皆の「わあ、おいしい。とっても新鮮」と言う声に負けて、一つだけいただきました。大丈夫でした。
実際、義母の知り合いが港にあがったものを直行での届けてくれたものなのです。だから大丈夫だったのかな?
でも、ドキドキでした。ちょっとしたギャンブルですね。
なので、カキフライ大賛成です!
Commented by colargol at 2014-12-27 02:05
mon_bebeさん

コメントありがとうございます^^。
私も、実は1個だけ旦那の生牡蠣を食べました!。
ドキドキでした、笑。
新鮮なら大丈夫かもしれませんが、ちょっと怖くもありますね。。。2日目は普通にバター焼きにしましたがそれもおしかったですヨ。私の嗜好として、やっぱり火が通ってるほうが好きみたいです。
by colargol | 2014-12-25 10:04 | フランス生活 | Comments(2)