サイン会の前に

友人アンに会いにリヨンから電車で5時間、フランス北部のノルマンディーへ。
2日間、アンが車で素敵な場所へ色々と案内してくれました。
泊まりは海に囲まれた崖の上の城塞。海軍に使われ今はそのままの形を
残した民宿になっています。

ああ、素晴らしきかなノルマンディー。

Je suis allee voir Anne, ma copine de Normandie.
Voyage splendide avec elle pour 2 jours de balade.

b0107891_22204778.jpg

ラベンダー色の池のまわりをぐるりとお散歩。


b0107891_2222074.jpg

四方を海に囲まれた崖の上に建つ城塞のお宿。
部屋の窓からも海がみえました。



b0107891_22214223.jpg




b0107891_22232698.jpg

バルコニーで朝食をとっていると突然の雨嵐。
でも去ったあとには綺麗なダブルの虹が海にかかっていました。


b0107891_22245143.jpg

毎日海をみながら朝食とれたらいいのにな〜♩


b0107891_22255876.jpg

アンがゴム靴を貸してくれたので足場の悪い濡れた地面でも平気。


b0107891_22282152.jpg

田舎の道路沿いにぽつりとテーマパークのように現れた可愛いお家。
1903年創業のお菓子屋さんでした。ここで色々とお土産を物色。


b0107891_2228019.jpg

昔ながらのスタイルが素敵。


b0107891_2230214.jpg

最後にCartret(カルトレ)の海を見てノルマンディーとアンにさよなら。
寒かったけれど天気にも恵まれてとっても良い旅になりました。


この後、パリのブックサロンで半日サイン会をし、さらにまた北上して
ピカルディー地方の出版社さんのお家にお世話になりながら
2つの図書館でワークショップをしてリヨンに戻りました。

旅中、ずっと気になっていたのがプンムの容態。
私が出発した時はお腹がパンパンに張っていたのですがそれが収まり、
息使いは荒いままで時々発作をおこしますが食欲はあって食べています。
プンムを心配してコメントしてくださった方、本当にありがとうございます!。
目にみえる老いがきて、発作を起こす時は私も旦那もハラハラするしかないのですが
プンム、生きようと頑張っています。
昨日はソファに横になっていた私の上でコテンと寝ちゃいました。
プンムがひさしぶりにしたことです。
大事な家族、あとどれだけ一緒の時間が残されているか分からないけれど、
大事に過ごしたいです。
[PR]
by colargol | 2014-03-29 22:42 | フランス生活 | Comments(0)