お友達を誘って

山手のほうの蚤の市に行ってきました。
ソーヌ川沿いの小さな町だったけど、150店舗でなかなかの規模。
ほとんどが一般の方の出店で、田舎のほうが古いものや変わったものが見つかる可能性あり。色々と私好みのモノに出会えました。

b0107891_3265224.jpg
この小鉢セット、箱に入っていた未使用品なのだけど、
どう保管すればこんなに汚れるんだ、、、と首をかしげたくなるくらいホコリだらけ。今でもお店で売ってそうなものだけど、このカラフルな色味と形が気になって何度か前をウロウロ。


b0107891_32809.jpg
小さな小鉢を取ると下に大きなプレート皿があります。
雰囲気はヴィンテージっぽい。小鉢の奥行きもいい感じ。
うーん、やっぱり気になる。。。。

少し離れたところにいたムッシュにお値段聞いてみたら、

_これ?。★◎■*★◎■。

_!!

ホコリは簡単に落ちそうなものだったしお値段も可愛くて即買い。
友達が家に来た時にアペリティフ皿として活躍してくれそうだし、
バラにして餃子のタレとかしょうゆとかの付け皿にしてもよさそう♩。

あちらこちらと歩いていたら、町の奥のほうでおいしそうなパン屋さんが。
オレンジのスライスとチョコチップがミックスされたパンをひとつお持ち帰り。それを食べた旦那さんが「おいしい!」と一言。
(写真撮る前に食べちゃった。。。)
フランスに住んで幸せだな〜って思うことのひとつは
おいしいパン屋がたくさんあること。

初めてフランスに来た母のフランスの感想は
「パンがおいしかった。」でした。
(へ?!あんなにあちこち行って感想がパン?と思ったけれど、笑。)
種類は日本に比べたら全然少ないけど(メロンパンとかカレーパンとか無いし。)焼きたてのホクホクバゲットやクロワッサンをほおばったら

あ〜、幸せ♥

なんて思うのです。(個人的に、外はカリっ、中はモチッの食感が好き)
いつの間にかリヨン市内にERIC KAYSER(エリック・カイザー)のパン屋も出来てたし、パン好きにはますます嬉しい。
[PR]
by colargol | 2013-04-27 03:38 | フランス生活 | Comments(0)