プンムの診察

プンム(♂猫)の腰上あたりのブツブツした突起に気づいたのは数カ月前。
あれ?こんなの前は無かったよね、と思いながらもそのままでいたら、、、

だんだんそのブツブツの数が増えて、腰上だけじゃなく
しっぽの付け根あたりから真ん中くらいまでずらっ〜と、
ニキビみたいな突起がたくさん出来てボコボコになっていました。

毛が細くて長い上に密集しているので患部を見つけるのに一苦労。
猿がノミを取るみたいに丁寧に毛をかきわけ
よ〜く見てみたら、赤いかさぶたみたいなものが。
無理矢理、取ってみようとすると痛がる、、、。

これはマズい皮膚病にでもなっているんじゃないの。。。!?

ボリスと相談して、獣医さんに診てもらうことに。
お金持ちになりたいから医者になるんだ、とある人が言っていたけれど、
前に診てもらった一番近所の獣医さんは金儲け主義っぽい感じがしたのが嫌で、
(診察場所も薄暗かったし)二番目に近い獣医さんを探して
バスケットに入れたプンムと歩くこと15分。
予約するのをすっかり忘れて行ってしまったのだけど、
穏やかな話し振りでソフトな印象の男性の獣医さんにすぐ診てもらえました。

しっぽの毛をバリカンで少し刈りましょう、ということになり、
その間ボリスが後ろ足をおさえ、私が前足をおさえ、、、
かさぶたに触れるのが痛いのか、プンムは「猛獣」と化し鳴きわめき暴れるので
おさえこむのに必死。、、、、汗。

かさぶたは病気ではなくたいした事はない、という診断結果にひとまずホッ。
それよりも心配なのは、のどの辺りに異常があるかもしれない、
歯も治療すべきところがある、とのこと。
内臓機能を高めるための粉薬も1年くらい前からご飯にまぜてあげているし
やはり16才、悲しいけれどお年を感じずにはいられません。
精密検査のため、また診てもらうことになりそうです。

ひとまずかさぶた用の飲み薬を2種類と、黴菌を防ぐための
スプレーをもらって帰りました。

それから、このエリザベス帽子も。
b0107891_965014.jpg
予想通り、付けた途端に嫌がって後ろずさりしながらあちこちに
頭をぶつけているのをみると可哀想になるのだけど、3日間の我慢。。。!
診察の際のストレスなのか、帰ってきてからしばらく体が震えていたのだけど
それも今は収まりました。

不憫そうに歩き回るのをやめてこうして落ち着いて寝てくれるとホッとします。
少しでも長生きして私達の側にいて欲しい。

この小さな存在がとっても愛おしい。。。



↓ポチッと応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by kagonoorugo-ru at 2012-03-11 10:26
あぁ大事に至らず良かったです~猫って我慢強いから本当に辛くならないとこちらには気づけない時ありますもんね。我が家も老猫のボタンが家に来た時既に頭にイボがあってチャームポイントね、なんていってたら病院でガン細胞かもと言われて、取って貰いました。良性だったので良かったです。まだまだ長生きしてもらわないと(貧乏人には痛い出費だったし(笑))
Commented by colargol at 2012-03-11 19:36
>kagonoorugo-ruさん
ボタンちゃんにもそんな事があったんですか。良性でよかった!。ネコって言葉を喋らないからこっちが普段からしぐさや動作に注意を払わないといけないですね。今はまだ食欲があるので安心はしているんですけどね。私も痛い出費でした。これからも色々ありそうだし、、、今月は外食は無し、です。
Commented by くりぼーくりやま at 2012-03-11 23:22 x
プンムちゃん心配ですね。うちも元気な老犬12才がいますが、かさぶたブツブツ、同じような症状になった事があります。動物は話せない分、飼い主が日頃から注意して体長チェックしていないとダメですね。ちあきさんと同様、存在があまりにも大きいので、本当に一日でも多く長生きして欲しいと説に願う毎日です。
Commented by colargol at 2012-03-12 02:59
>くりぼーさん
くりぼーさんのワンちゃんも同じ症状があったんですね。かさぶたはそれから消えましたか?。プンムのはまだ消える感じではないのでちょっと心配ですが、とりあえずは薬を続けようと思います。ペットって、よくいいますが本当に家族のような存在ですよね。プンムが幸せでいられるよう出来る限りのことはしてあげたいです。
Commented by anzu at 2012-03-12 10:26 x
プンム君、Chiakiさんたちも、大変でしたね。
猫ちゃんに病院や診察台でおとなしくしてもらうのって大変だとよく聞くし。。。
ブツブツが大した事無いと聞いて安心しました。
でもエリザベスの不快さは・・
プンム君少しでも早く治るようにしばらくの我慢、頑張って。
Commented by colargol at 2012-03-12 18:50
>anzuさん
私達は前回のことがあり予想していたんですが、プンムが診療台ですごく鳴いて暴れたのに獣医さんがビックリしちゃって、「このネコちゃんは普段もこうなの?」と聞かれちゃいました、汗。でも動物の立場からしたらお医者さんなんて分からないし、急に知らない場所で何かされたら怖いですよね。プンム、よく頑張ってくれたと思います。
Commented by くりぼーくりやま at 2012-03-14 02:23 x
うちは繰り返しました。かさぶたはなくなるのですが、治るとまたブツブツ→かさぶた。皮膚病の一種という診断でしたが・・・ 特に季節の変わり目や、毛が抜けかわる時期、梅雨のジメジメした時が酷かったです。ここ数年は落ち着いています。プンムちゃん早く良くなるといいですね!エリザベスはかわいそうですもんね。。。
Commented by colargol at 2012-03-14 19:28
>くりぼーさん
そうですか、繰り返すんですね。かさぶたが取れたら消えるものなのかな〜と思っていたんですけど未だポツポツしたものがあって少し心配です。とりあぜずお薬を与え続けてみます。ネコちゃんにとって毛づくろいを妨げるエリザベスって本当に嫌でしょうねエ。
Commented by lestournesols at 2012-03-16 06:32
さぞかし大変だったでしょうね、プンムを押さえつけるの。
でもまだまだプンム、きっと大丈夫です!
精密検査で早期発見できるといいですね。
動物はしゃべれないから、痛いの我慢してるのかなとか思うと
もうなんか私泣きそうになります・・・(^^;)
Commented by colargol at 2012-03-20 01:41
>lestournesolsちゃん
ほんと、暴れるら大変だったよ〜。気持ち分かるけどね、痛いんだもんね。。。最近はニキビみたいなのも落ち着いてきたみたいでホッとしてるよ。プンムの命ある限り、ママンみたいに大事にしてあげようと思ってマス!。
by colargol | 2012-03-11 09:26 | フランス生活 | Comments(10)