プンムの健康診断

b0107891_741424.jpg
夏に突入して、この頃毛抜けがものすごいプンムくん。
ちょっと背中をなでるだけでも毛が「もさあ〜〜〜」とひとかたまり。
私、動物アレルギー性鼻炎なのでブラッシングをまめにして対策しております。

こないだ、プンムを近所の獣医さんに連れていきました。
特に何か具合が悪いという訳でもないけど、お歳だし
(16歳。人間でいうと80歳くらい?)健康診断のつもりで。
籠に入れられながらの移動中も大人しくしているプンム。
この分なら検診も大丈夫だろうと思った、、、、

のは甘かった。
採血のために獣医さん、アシスタントさんにテーブルの上で
ごろんと横にされたとたんに豹変!。
牙をむき出し、コブラのように鳴いて怒る、怒る。
獣医さんも咬まれないように必死に抑さえこみ、旦那も加わって大人3人で
プンムを押さえつけて採血もなんとか成功。フ〜。
(獣医さんはこんなに抵抗する猫は初めてだ、とおっしゃってました、汗。)
なんかプンム可哀想だったけど、仕方ないね。よく頑張ってくれました!。
お会計では、あらかじめ聞いていた見積額の7千円をゆうに超えて、
薬代も入れて全部で2万円。。。。!。保険効かないものね。
しっかし、私の医者代より高いよ。。。トホホ。

検査の結果では、内臓が歳でやはり弱っているらしいので、
毎晩寝る前に液体のお薬を注射器みたいなのでプンムの口にぴゅっと注ぎ、
粉薬をご飯に混ぜてあげてます。
これで少しでも健康で長生きしてくれたらいいなあ。

ネコの話で思い出しましたが、前にふとあるイヌ・ネコの保健所のサイトに辿り着き、
記事を読んで涙が出てしまいました。ドリームボックス、といわれる部屋のなかで
ガスで死に追いやられるという事を知っている方が多いと思いますが、
ドリームなんて優しい夢のような言葉とはほど遠く、保健所で処分されるイヌ・ネコは
二酸化炭素での窒息死、つまり恐怖とパニックの中、苦しみ抜いて死んでいくのです。
決して安楽死ではないのです!。
亡骸はそのまま機械的に焼却炉に落とされ焼却されるのですが、運悪く二酸化炭素で
力つきなかったイヌ・ネコは命がまだあるまま焼かれることになるのだ、と。


こんなむごい事ってあるでしょうか。


さらにショックを受けた1枚の写真があります。
ドリームボックスに入れられる直前の、ネコたちが網のネットに1匹1匹入れられ、小さなダンボール箱にすし詰め状態に入れられている写真。写真に添えられた、「ネコたちにも自分の死が分かっているのか、鳴くものは1匹もいない」という文章。ネコたちはカメラ目線で、そのあきらめたような空しい眼差し。心にグサッと突き刺さって、また涙が止まらなくなってしまいました。
保健所で1日850匹、約100秒に1匹のイヌやネコが殺されているのだと。


こんな事があっていいのでしょうか。


保健所のサイトでは、ひとりでも多くの方が、保健所でイヌ・ネコがどのように処分されているのかを知り、命の大切さを分かって欲しいために、あえてこのような酷な写真を掲載することにしました、とありました。現実を詳しく知りとても辛い思いになりましたが、自分は一度家族になった動物をどんな理由があろうとも絶対無責任に捨てたりはしない!という思いでいっぱいになりました。
ドイツにはアニマルシェルターが存在し、保健所は「ゼロ」なんだそうです。
地球生物会議ALIVE
つい最近まで「犬を飼うこと」というドラマがありましたよね。
人間と同じで病気もするしお金もかかるし、飼うのは色々大変なこともあるけれど、人間の気持ちに寄り添う本当に素晴らしい家族になりえる存在だと思っています。決して飽きたから、仕方がないから、といってぬいぐるみのように捨てられるものではありませんよね。心があるなら。
飼う前から本当にこの先10年、15年、そのこの命ある限り面倒を見る自覚と責任があるかどうかを考えること、去勢/避妊手術、やむを得なく飼えなくなる場合は里親探しをすること。それから、ペットショップでのイヌ・ネコ売買の廃止もありだと思っています。
1匹でも多くの、死に直面しているイヌ・ネコが救われて欲しいです。
[PR]
Commented at 2011-07-11 04:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by colargol at 2011-07-11 16:27
>鍵コメさま
以前はお世話になりました。
動画、見ました。こんな活動をしているセンターが熊本にある事を知ってとても嬉しいです。島根県にも捨てられた動物を保護して一生懸命里親探しをしてくださる団体さんがいます。本当に嬉しいことですが、何よりも飼い手が安易に捨てない、飼うとはどうゆうことかという意識やモラルを高めることが大切なんだと思います。全国で殺処分ゼロ、ドイツを例に、そんな日本になってほしいです。
Commented at 2011-07-11 21:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by colargol at 2011-07-12 19:45
>鍵コメさま
私のほうこそ、色々教えて頂いてありがとうございます!。
熊本の動物愛護センターの活動がもっと知れ渡り、どんどん他の地方にも広がってくれることを心から切望します。「犬の飼い方教室やウサギの飼い方教室」いいですね!。動物の遺棄をなくそうと思ったら、子供の頃から(もちろん大人でも)命の大切さを学ぶことが解決のひとつになりえるんではないかと思います。自分がされて嫌な事は他人にしない事。動物物にだって当てはまると思います。私にも何か少しでも出来る事がないか模索してみます。
Commented by AKIKO at 2011-07-14 01:56 x
ありがとうございます。「自分がされて嫌な事は他人にしない事。」私が子どものころから大切に思っていることを言って頂けて嬉しく思います。ブログを拝見し、来園者である大人やお子様への興味を持って頂けるような大切なsource d'inspirationを頂いております。
Commented by colargol at 2011-07-14 21:35
>鍵コメさま
恐縮です。ありがとうございます。
実際に現場にいらっしゃる方は様々な問題を抱え、それに取り組まれているのだと思います。そんな方達の活動を応援したいです。私もここリヨン市内に動物愛護センターで、子供向けの季刊雑誌や活動告知ポスターなんかの制作ができるデザイナーを探しているみたいなので、今度話を聞きにいってみようと思います。
出来ることからコツコツと、ですよね。
Commented by えいこ at 2011-07-20 04:48 x
もし 自分だったらと 想像するだけすごく恐いです......
人間は本当に我がままですね.....
袋に入れられて待つなんて.....どれだけ恐いことか......
貴方のブログで一人でも多くの人が このことを知ってくれるといいですね とても大切なことだと思います
私も3匹 猫を飼っています いつも大切にしているつもりですが こういう話を読むと 不幸な動物の分も もっとこの子達を可愛がろうと再認識させられます。 ありがとうございます
Commented by torariki at 2011-07-20 10:35 x
プンムちゃん、長生きにゃんこだね!がんばれ!うちもまだ自分一人ではインコしか飼ったことないけど、皮膚病とかしちゃって病院代かかったな〜w。でもそれよりも何よりも存在そのものが何者にも代え難い、尊い存在なんだよね、ほんと。
日本のペットショップ事情もこの保健所のような悲劇を生んじゃってるのかもしれないよね、、、。
みんな責任を持って動物たちを飼ってほしいってうちも心から思うよ。
Commented by colargol at 2011-07-22 06:09
>えいこさん
本当ですね、自分がもしまだまだ生きられるのに死を宣告された動物の立場だったらどうゆう思いがするか、、、殺処分の数の多さを考えたら、動物だからといって軽く考える人、あるいは全く考えない人が多すぎる気がします。悲しいばかりですが、ここにコメントを下さったある方からこんな情報を頂きました。
熊本の動物愛護センターの方がされている活動です。
http://www.youtube.com/watch?v=LB87HRuW6gk

わたしもプンムと一緒にいれる時間を大事にしていきたいと思います。

>torarikiちゃん
リキブーくんも長生きだよね。元気にしてる?。
プンムはおじいちゃんなのに、まだまだおもちゃで遊ぶよ〜笑。ずっと長生きしてほしいなあと思う。大事な家族だしね。
ペットショップでは、売れ残った動物達はお店でちゃんと世話してもらえずに劣悪な環境に置かれている事もあるらしくて。。。商品としてしか見られてないからそうなるんだろうね。可哀想すぎるよね。私に力があったらそうゆう可哀想な動物日本中から全部集めてムツゴロウさんみたいな動物王国作りたいよ。
by colargol | 2011-07-10 07:30 | フランス生活 | Comments(9)