物置の話

私のアパートは最上階の5階(日本でいう6階)。
そしてすぐ上の屋根裏小屋(無人)へ続く階段の中間に、2畳ちょっとくらいの広さの物置があります。鍵つきの、プライベート物置。

ここはアパートを決めた後に、大家さんから「そういえばこんなスペースもあった」と教えられたもので、ちょっとボーナスもらったみたいで嬉しかったのだけど、見てみてビックリ!。以前の住人が退去の際に置いていったらしいモノ、、、というかほぼゴミのようなものが山積みになっていたんです。黒いホコリが灰のように一面に積っていて、その下にあるモノらしき物が何であるのか、という事を判別するのも難しいほど。

え、、、えゲツな。。。。

前の住人はこのスペースを使わなかったというから、その前の、あるいはまた前の住人のものなんだろうな。何年開けられてなかったんだ、ここは?!。
ゾッ。

もちろんこのド汚い物置を掃除するのは私とだんなさんで、ある日「よし、やるか!」と気合いいれて掃除に取りかかり。。。
2人でマスクと手袋をして取りかかったのだけど、灰の中から掘り起こすみたいに出てきたのは靴とか飲み物の瓶だとかダンボールだとか訳の分からない鉄の棒だったり。(一番幅をきかせていたのはテレビ。)
テレビやメタル系は処分に困ってここに放り込んで置いたんだろうけど、燃やせるものくらいは下のゴミ箱まで捨てにいってよね~~
あんたたちのおかげで私達が掃除するハメになったじゃないか~
とわずかな怒りを覚えながら掃除を続ける。
まず、その取り除いたものをどうしようか、で思案したのだけど、捨てれる物はゴミ箱に捨てて、
それ以外のものは、すぐ上の屋根裏部屋へ運ぶ事に。この屋根裏部屋というのも、いらないもの置き場みたいに使われてるような汚い朽ちた場所で、運び込んだ廃棄品たちはすぐにそこに同化。

物置は古い壁紙が一面に貼られていて、最初剥がしてしまおうと思ったのだけど、剥がしかけてみるとその下の壁がボロボロと落ちてよけいに汚い面が露出されたのでやめてそのままにする事に。
壁紙はこんなの。かなり古ぼけてます。
b0107891_75434.jpg


真っ黒だった床も濡れフキンで何度も拭くとリノリウムのモチーフが現れてきました。
こんな模様。これはなんかレトロ可愛くて好きかも。
b0107891_7544624.jpg


ちょっと触ると黒灰が舞い上がったので、2日に分けてやっとこさ掃除終了。
(マスクをしていたのに、あとで鼻を噛んだら真っ黒。。。ヒェ~~)
壁紙はボロいままだし完全に綺麗とはいえないけど、使用できるくらいまで復帰できました。かなりビビらされた物置だったけど、今は収納スペースとして重宝しています。
ホッ。
[PR]
Commented by あおおに at 2010-03-24 11:49 x
映画のアメリみたいな面白い話の展開にはならないんですね。
残念。いやこれからかもしれないね。
Commented by chiaki at 2010-03-24 18:57 x
>あおおにさん
アメリの話。。。えーと、どんな話だったでしょう?。
2回くらい観たはずなんですがよく思い出せないです。。。

Commented by coklico at 2010-03-29 05:05 x
忘れ物処分、、、ごくろーさんだなあ。(~0~)
でもこの灰色&ル〜ジュのモチーフ、古着物っぽいね。
今日はもう28だから、日本だ!!ワ〜イ☆
ゆーっくり満喫してウマイものをギョ〜サンたべて、楽しんでね(○^v^○)
by colargol | 2010-03-23 07:57 | フランス生活 | Comments(3)