2009年 光の祭典

12月5日〜8日までの数日、リヨンは毎年恒例の光の祭典が開催されて、
この期間、町はイリュミネーションに彩られてとても綺麗でした。

b0107891_7384159.jpg
オペラ座横の広場には巨大な植物ライト。

b0107891_738541.jpg
リヨン周辺の地域からも人が集まるので、町はこの人だかり。
催しがある広場周辺に近づくと人密度が濃くなって
前に進むのもやっとなくらいです。

b0107891_739826.jpg
この写真じゃ分かりにくいですが、オペラ座のファサード上部にはチロチロと赤いキャンドルがたくさん灯されてました。

b0107891_7393161.jpg
普段は白っぽくライトアップされている丘の上のフルビエール広場も、この期間は紫やブルーの光で怪しく照らされて。
横には「MERCI MARIE」(マリア様に感謝)の文字ライトが。

b0107891_739446.jpg
ズームアップ。見えますか?この祭典、かつてペストがリヨンにまで及ばなかったことに対し、
マリア様に感謝の意をこめてキャンドルを灯した事から始まったようです。
面白いのは、右の電気塔。
塔にくっつくように人の形がライトアップされてます。まるでキングコング?!。

b0107891_740429.jpg
最終日の8日は、人々のお家の窓辺にキャンドルがたくさん灯されました。
ゆらゆら揺れてとっても綺麗〜。
たぶん1年でリヨンが一番美しい日なんじゃないかな〜?。
川辺では花火も打ち上げられたようです。

b0107891_740204.jpg
近所のサンジャン教会では、教会をスクリーンに光のプロジェクションが。
太古の昔の、教会が出来上がるまでの過程を映画の用に仕立てたものでした。
10分ほどのシーンが終わると観客から拍手が。
映画よりも大きい大画面での映像、迫力があります。

b0107891_7403344.jpg
町中のあちこちでケバブやらクレープ、ホットワインなんか売られてたのですが、
旧市の裏地でポツンと、魔法使いの衣装を来てワインを売っていたおじさんたちに出会いました。目立つ恰好しているのに本人たちは控えめに恥ずかしそうに立つってましたよ。

b0107891_7404630.jpg
私も窓辺にキャンドルを並べて灯してみました。キャンドルを灯して1年の終わりを思いしんみりしてみる、、、のもいいものですね。

今年はあっという間に過ぎた1年でしたが、ひとつひとつ思い出してみるとブックサロンやらアトリエやらで出会いあり、色んな場所に行けた充実したいい1年だったと思います。
[PR]
Commented by yunkao at 2009-12-24 20:33
ロウソクの明かり・・・とっても幻想的ですね!
人々のお家の窓辺にキャンドルを灯すのは、みんなで祭典を楽しんでいるようですごく素敵ですね。
↓ELLEに掲載、おめでとうございます! とっても素敵に映ってらっしゃいますよ!!
来年もまた充実した1年になりますよう☆
Commented by chiaki at 2009-12-27 22:04 x
>yunkaoさん
窓辺にキャンドルを灯すのはリヨンではもう12月8日の恒例になっているみたいで、町の夜が一番綺麗な日です^^。
ELLE、、、左利きじゃないのに左利きになっちゃってるのがエラーですが(緊張してたんですね、きっと、笑)雑誌を作る手順みたいなのが少し見えて面白かったです。
Yunkaoさんにとっても2010年、素敵な1年になりますように。。。!
Commented by payday loa at 2012-01-12 23:40 x
ちょっとだけ、素早く頭を与えたいと思った。あなたの記事内のテキストは、IEの画面をオフにしているように見えます。私はこれがフォーマットの問題や、Webブラウザの互換性とは何かですが、私は考え出した場合、私はあなたが知っているようにポストだかわからない。デザインとスタイルはいえ見栄え!問題がすぐに修正されることを願っています。多くの感謝
by colargol | 2009-12-17 07:48 | フランス生活 | Comments(3)