フランス絵本*Nandor et Papillote*

ふう~、暑いですね。
7月に入ってバカンシエ(バカンスの休暇をとる人)もこれから
どんどん増えていくことでしょう。
私のバカンスは?というと、数日だけどマルセイユに行く予定。
コ~トダジュ~ルの海~♩。
リヨンからTGVで1時間半ほどの旅。
友人に会ったり、海で泳いだり、美味しいブイヤベースを食べてきたいです。

「旅」の話にちなんで、私の本棚からお気に入りのフランス絵本を
1冊ご紹介します。

b0107891_673417.gif

「Nandor et Papillote」(ナンドールとパピロット)
1958年Hachette刊行 Noelle Lavaivre作/絵

b0107891_67516.gif

クラペットおばさんの絨毯である事に飽きたライオンのナンドールは
自分の生き方探しに旅に出ます。
エジプト旅行を謳う広告に惹かれるものの、お金がない。。。!
でも、美容院で知り合ったサーカス団で働く少女パピロットに
「うちで働かない?」と声をかけられ、アコーディオンが弾けるナンドールは
すぐにサーカス団に採用され、一躍人気者に。
でもナンドールの成功に嫉妬したサーカス団のアヒルたちは
ある時ナンドールに意地悪をし、失敗によってサーカス団をクビになった
ナンドールはパピロットと共に旅にでます。。。。(続く)

b0107891_68732.gif

、、、というようなお話。
大人っぽいグラフィカルな画面構成、鮮やかでヴィヴィッドな色彩、
生き生きした表情のキャラクターたち。
ページをめくった時からこの絵本の魅力にズドン!。。。とやられました。
出版からもう50年も経ってるのに1ページ1ページがキラキラと輝いていて。
私もこんな良い絵本が描きたいなあ~。

ところで、アヒルたちはナンドールにどんな意地悪をしたのでしょう?。


b0107891_682164.gif

(答え)
ナンドールのアコーディオンに穴を開けてそこにコショウを入れ、
ナンドールのくしゃみを止まらなくさせて、演奏できなくしたのでした。

なるほど~、考えたな、アヒルたちめ。
ダンサーがライバルの衣装を楽屋で破いたり、オペラ歌手が
ライバルの声を枯れさせる薬品をこっそり飲ませたり。。。なんて話は
漫画や映画でみたことあるけど、嫉妬による意地悪は絵本でも存在しますね。
他には、白雪姫に毒リンゴを食べさせた継母だったり?。
考えたら結構おとぎ話にもあるかも。
怖いです~。

ブログランキングに参加しました。ポチッとお願いします。↓
人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by tbeej at 2009-07-03 09:52 x
バカンスいいですね~☆
マルセイユってガラの悪い兄ちゃんたちのいるイメージなんですけど(笑)、マルセイユ近くのCassis とか、La Ciotat には行きました? あそこは 海の青が綺麗だし、La Ciotatの港の食料品マルシェも港を背景にしていいかんじだし♪ 小さい街ですが、雰囲気GOODですよね☆☆☆ でも、Cassisは人気あるから、バカンス時期は人いっぱいかなぁ。^^; 
 雰囲気のいいとこだと、アルルからバスで行く、Saintes-Maries-de-la-Mer もいいですよね♪ 途中のcamargueでフラミンゴ見れるのも結構感動~☆ 
Commented by chiaki at 2009-07-03 16:11 x
>tbeejさん

>マルセイユってガラの悪い兄ちゃんたちのいるイメージなんですけど

、、、確かにそんなイメージですね(笑)。
あそこはフランスじゃない別の国の感じがします。
Cassisとかあの辺りは、雑誌で紹介されてるのを見た事があるくらいで
まだ行ってはいないんです。すごく良いところっぽいですね!。
一度カランクをぐるりと歩いたのですが、景色は最高でした。
Saintes-Maries-de-la-Merも注目してみます。
アンティークの町だっていわれるリル・シュル・ラ・ソルグも行ってみたいし。。。う〜ん、行きたい所いっぱい出てきますネ〜。
by colargol | 2009-07-03 06:10 | Comments(2)